ホーム > あんぷり2 (あんぷり2の歴史)

世界初!ご希望の日の新聞をプリントする自動発行機あんぷり2

あんぷり2の歴史
1997.1
【試作のあんぷり誕生】
当時は黄色いボディに、不格好な形。
いかにも、手作り・・・って感じでした。
薄型の液晶ディスプレイではなく、また50枚入りのCDチェンジャー2台を搭載していました。印刷待ち時間は約1分30秒。おつりは出ません。
1998.7
【あんぷりVer1.0 誕生】
ボディカラーは各新聞社ごとに変えました。
写真は左から、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞。
その後、操作ボタンから操作パネルに変更。また、試行錯誤しながら、印刷待ち時間を約1分10秒に短縮。
1999.8
【あんぷりVer1.2 誕生】
ボディカラーは白。画像データをディスクアレイ装置に保存することにより、印刷待ち時間を30秒に短縮。
コインセレクター付き。
2006.1
【あんぷり2が誕生】
ハードディスクの大容量化に伴い、新聞の画像データをハードディスクに保存。これにより、印刷待ち時間を15秒に短縮しただけでなく、全体の外観寸法をコンパクトに、かつ軽量にし、イベント等の移動も容易になりました。
2009.8
【あんぷり2 ボディカラーの変更】
明るくPOPなイメージのオレンジイエローにボディカラーを
変更。

 お誕生日新聞のデータができるまで

 お誕生日新聞のデータの制作方法を紹介しております。

お誕生日新聞ができるまでマイクロフィルムとは?