こんにちは。スタッフの星野です。

今日は自宅マンションから富士山がとっても綺麗に見えました。こんな日の朝は寒くても心は晴れやかになって、日本の四季に感謝したくなります。

私は先日、父から珍しく相談を受けました。

「ちょっと教えて欲しいんだけど、かっちゃん(父の姉です。)が米寿だから何かプレゼントしたいんだけど、何が良いかな?」

今までお姉さんに贈り物をしたことなど無かったので意外でした。

私の母に聞いた方がいいんじゃない、と言ったら「弟のあなたが考えた米寿のプレゼントの方が喜ぶし、あなたからの米寿のプレゼントならお姉さんはどんな物でも喜ぶわよって言われたよ。」とのこと。

母は本当にそう思って言ったのでしょうが、何ヶ月も前から色々考えてた母の姉のお祝いの時とは随分違うなと私は思ってしまうのです(笑。さて、私は米寿がどんなお祝いかきちんと理解していなかったので調べてみました。

米寿祝いとは数え年で88歳の長寿のお祝い

由来は「米」の文字を分けると八、十、八となり、末広がりの八が2つ重なることで大変めでたい年と言われ昔からお祝いされてきたそうです。改めて勉強になりました。

世間ではどんな米寿のプレゼントを贈っているのか検索してみると、米寿のプレゼントにも色々ありました。代表的なのは米寿は金色(黄色)が長寿の色とされているため「黄色いちゃんちゃんこ」なんですね。

他にも誕生日新聞、寄せ書き、転びにくい椅子などなど。家系図なんていうのも面白いですね。そして私が知らなかったのは市区町村から贈られる「敬老祝品」の存在です。住まいの市区町村によって異なるそうで品物やお祝い金をプレゼントして頂けるそうです。この制度、一般に知られているのでしょうか。

ともあれ、どれも喜ばれる米寿のプレゼントだと思い、早速父に報告しました。父は何日も悩んだ結果、伯母の大好きなお寿司をご馳走することに決めました。伯母が一番喜ぶ米寿のプレゼントになりそうです!