こんにちは、スタッフの星野です。

師走に入り寒さも厳しくなってきました。

もう忘年会シーズンに突入している方も多いのではないでしょうか。

うっかり食べすぎ、飲みすぎしてしまう時期、みなさんも暴飲暴食には十分お気をつけください。

今日は友人のお父様の還暦祝いを通して感じた家族のつながりについて紹介します。

私の友人家族はとても仲良く、お誕生日のお祝いはもちろん、お祭りや旅行、お買い物に行ったりと本当に見ていて羨ましいご家族です。先日も友人宅にお邪魔していたらお父様の還暦祝いの「ちゃんちゃんこ」が届きました。

私は両親の還暦祝いの時、他のプレゼントを渡したのですがやっぱり私も還暦祝い定番の贈り物を贈れば良かったと素敵なちゃんちゃんこを見て今さらながら後悔しました。

友人は外国人のご主人と結婚し、数年おきに日本とアメリカを行き来する生活です。友人の彼女は3人兄弟で、彼女が1番上、そして妹さん、弟さんがいます。

ご兄妹もそれぞれ独立していて普段は中々会えないようですが、スカイプやLINEなどで頻繁に連絡をとりあい、いつも互いの近況を気にかけています。

いつも感心させられるのは、お父様が義理の息子である彼女のご主人にお神輿を教え一緒に担いだり、仕事の任命式の時には立会いしてお祝いしたり、実の息子と同じように接し、娘の幸せを願っているところです。

そしてそんなお父様の還暦祝いは来月やってくるそうです。彼女のご家族は彼女が小学生の頃にお母様をなくし、彼女は一家のお母さんの立場を担って家族をまとめてきました。

今回のお父様の還暦祝いも彼女が取り仕切って家族みんなで心温まるお祝いができるんだろうなぁ、といつも彼女がFacebookに投稿する一家団欒の写真が楽しみな私です。

還暦祝いを迎えるお父様は数年前に再婚され、彼女には義理のお母さんと兄妹が増えました。お父様が大好きで、自分でもファザコンと断言している彼女は、再婚の話が出た時、ショックを受けていました。

弟さんの高校卒業を待って再婚されたお父様の気持ちも分かるからこそ、彼女は反対せず、再婚を猛反対した妹さんを説得する立場にまわりました。本当に父親思いの娘です。

そんな彼女が私に「私はこれからまた海外に赴任する主人と一緒に日本を離れなければいけない時がくる。そんな時に父を支えてくれるのはあの人だから。

反対はできないし、再婚してこれから父の面倒を見てくれるあの人に感謝しないといけない。」と寂しそうに言いました。

家族みんなが一緒に暮らした彼女の実家からお父様が新しい家族の元へと引っ越した時の彼女の気持ちを考えると胸が締め付けられる思いでした。

あれからもう8年くらい経つでしょうか。

最近ではお父様の再婚で家族になったお母さんや兄妹たちとの写真がFacebookに投稿されるようになりました。

まだどこかぎこちない感じは否めませんが、とてもすてきな一家団欒の写真です。様々なことを乗り越えて家族になったからこそご家族のつながりは本当に深いものだと思います。

来月にせまったお父様の還暦祝いの準備も佳境を迎えている頃。家族みんなでどんな還暦祝いをしてくれるのかお父様も楽しみにされていることと思います。

弟さんの結婚も決まり、きっと最高の還暦祝いになること間違いなしですね!