ホームシーンで選ぶ > 長寿祝い
長寿のお祝いに人生ストーリーを贈る。

 長寿祝いとは?

長寿とは、長生きの意味でありますが、古来より長寿の方を敬う風習がありました。
中国では、唐の時代ごろより、40歳から10年ごとに長寿のお祝いがなされていました。

長寿と言えば、「還暦」が最も有名です。
還暦は、室町時代よりはじまったとされる長寿のお祝いです。当時、平均寿命が24歳ごろだったとの説もあり、60歳で還暦を迎えるということは、信じられないほどの長寿でありました。

現代では、平均寿命が男女ともに高くなり、昔では考えられなかった、米寿(88歳)や百寿(100歳)を迎える方も多くなりました。
長生きされるということは、ご家族やその周りの方にとっても幸せなことであり、経緯を評さずにはいられません。

長寿のお祝いを節目に感謝の思いを込めて、ご家族の絆が一層深まってほしいですね。

長寿祝いとは?

 長寿祝いに、お誕生日新聞を贈りませんか?

長寿祝いにお誕生日新聞を贈りませんか?

60歳を過ぎてもまだまだ現役の方が多い今日では、長寿扱いするのは喜ばれない方も多く、かえって失礼なケースが増えてきました。
特に団塊世代は、ジーンズやミニスカなど新しい文化を作り上げてきた元気のある世代です。
典型的な風習通り、ちゃんちゃんこを着て喜ぶ世代ではありません。

そんな元気な世代に贈るプレゼントとして、
私たちは「お誕生日新聞」をご提案しております。
お誕生日新聞は誕生日や結婚記念日など、特別な日に発行された新聞をギフトとして贈るサービスです。

60歳を過ぎると、「客観的に自分の人生を振り返ることの年齢」と言われます。
当時の新聞を読み返すことで、お父さんお母さんが歩んできたこれまでの人生ストーリーを振り返ることができます。
「そういえば、こんなことがあったな!」と懐かしい思い出をご家族で楽しんでいただき、新たな人生の活力にしていただけます。

長寿のお祝い

還暦(60歳) 緑寿(66歳) 古希(70歳) 喜寿(77歳)
傘寿(80歳) 米寿(88歳) 卒寿(90歳) 白寿(99歳)
百寿(100歳) 皇寿(111歳) 大還暦(120歳)

長寿祝いに喜ばれる人気商品ランキング