シーンで選ぶ <長寿祝い>

長寿祝い

皇寿(こうじゅ)とは?

皇寿(こうじゅ)とは?

皇寿(こうじゅ)祝いシニアイメージ画像

皇寿は、111歳の長寿のお祝いになります。

「皇」の字は、「白」と「王」の字から成り立っていますが、「白」は「百」の「一」が無い(引く)ので99で、「王」を分解すると「十二」で、足して111になるため、111歳が「皇寿」と呼ばれています。

また、別の呼ばれで、王寿(おうじゅ)や川寿(せんじゅ)と言われることもあります。

「王寿」の「王」の字は、上から「一十一」に見えるため、「王寿」と呼ばれます。

「川寿」は、「川」の字が、「111」に見えるため、「川寿」と呼ばれています。

川寿(せんじゅ)、皇寿(こうじゅ)、王寿(おうじゅ)は、地域によって呼び方が違いますが、111歳を迎えるというのは大変な長寿であり、尊敬の意を表さずにいられません。

100歳を迎える方は、年々多くなってきましたが、今後、時代の発展とともに、皇寿を迎える方も増えてくるかもしれません。

古来中国では、40歳より長寿祝いをしていましたが、皇寿はまさに、現代の長寿であることは間違いありません。

皇寿のお祝いに、お誕生日新聞をご提案します

記念日セット商品イメージ画像

お誕生日新聞は、誕生日などの日に発行された新聞をプリントアウトするサービスです。

保有する新聞データは、140年以上前からであり、皇寿の方が生まれた日の新聞もご提供可能です。

111年前の新聞は、現在のように写真などの掲載はなく、文章のみになります。

また、通信手段も交通手段も発達していないため、現在のような全国新聞は存在しませんでした。新聞は、当時の出来事を鮮明に映し出していますので、きっと新しい発見があるでしょう。

また、111歳のころの新聞だけでなく、100年前や60年前の新聞を合わせて取り寄せますと、時代の変化が比較でき、たくさんの思い出がよみがえることでしょう。

アフリカでは、長老は図書館のような存在としてあがめられ、長年の経験や知恵を持ち合わせています。

もちろん、楽しい経験ばかりではなく、時にはつらい経験もしていらっしゃるかと思います。

お誕生日新聞を見ることで、当時の忘れてた思い出もよみがえることがあります。

「そういえば、こんなことがあったな!」、「この当時はこんな生活をしていたよ」と、思い出話に花が咲くことでしょう。

お誕生日新聞は、思い出話で家族の絆が深まることを、心から願っております。

長寿祝いに喜ばれる人気商品ランキングはこちら!

シーンで選ぶ(トップページ)へ戻る