シーンで選ぶ <長寿祝い>

長寿祝い

喜寿(きじゅ)とは?

喜寿のお祝いは、どうして77歳?

喜寿(きじゅ)祝いシニアイメージ画像

喜寿の「喜」の字は、昔の速筆で書くと、上から「七一七」のように見えることから、77歳で縁起を担いで、喜寿のお祝いがされるようになりました。

喜寿の祝いは室町時代の末期ごろから行われるようになったといわれています。長寿のお祝いとして、還暦(60歳)や古希(70歳)は有名ですが、どちらも中国より伝わった風習です。

しかし、喜寿は日本独自の文化から生まれ、室町時代以降、全国各地でお祝いがされるようになりました。古くから喜寿のお祝いは、盛大に行われています。

お知り合いに、喜寿を迎える方がいらっしゃいましたら、「おめでとう」の想いを伝えてみてはいかがでしょうか。

喜寿のお祝いでほっこり

記念日セット商品イメージ画像

77歳という、縁起の良い年に、知人やご家族とともに、喜寿のお祝いを計画されている方も多いかと思います。 

ご親族で、お祝いの席を設けたり、お酒を贈ったり、地域によって風習が多岐にわたるようです。

喜寿は長寿のお祝いでありますが、あまりお年寄り扱いすると、かえって喜ばれないこともありますので難しいところです。

お祝いの品は、地味なものよりも、若者向けの明るいものが喜ばれる傾向にあります。

また、ご家族で集まる機会がありましたら、思い出話など、これまでの軌跡を共有しましょう。これまで以上に絆を深める良いきっかけになります。

遠方に住んでて、どうしても会いに行けない方も多いかと思います。その場合は、手紙やメッセージカードで「ありがとう」の思いを伝えると良いです。

プレゼントは決して高価なものでなくても喜ばれます。

一番大切なのは、「想い」を伝えることではないでしょうか。

喜寿のお祝いに、お誕生日新聞をおススメする理由

記念日セット商品イメージ画像

喜寿のお祝いに大切なのは、「おめでとう」の気持ちを、日ごろの感謝の気持ちと合わせて伝えることであります。

また、ご家族や知人の方と、喜寿のお祝いを機に、過去を振り返ってみるきっかけになります。過去を思い出すために、良いアイテムになるのが、お誕生日新聞です。

お誕生日新聞に記載されているニュースやトピックは、当時の状況を鮮明に映し出しています。愉快な出来事のほかに、苦労した出来事など、映し出されています。

「そういえば、こんなことがあったな!」と思い出せば、当時、当人がどのような生活を送っていたかを思い出すきっかけとなります。きっといままで思い出せなかった出来事を思い出すことができるでしょう。

その時、誰も知らなかった当人のことを深く知ることができ、絆が一層深くなることでしょう。

長寿祝いに喜ばれる人気商品ランキングはこちら!

シーンで選ぶ(トップページ)へ戻る