<長寿祝い・卒寿>シーンで選ぶ

長寿祝い

卒寿(そつじゅ)とは?

卒寿(そつじゅ)祝いとは?

卒寿祝いシニアイメージ画像

卒寿とは数え年で90歳をお祝いする行事です。

卒寿は、「卒」の略字である「卆」が上から「九十」にみえることから、90歳のお祝いとして、「卒寿」祝いが浸透していきました。

昭和20年のころの日本の平均寿命が、男女ともに50歳ほどであり、その昔はもっと低く、室町時代で24歳との説もあります。

長寿祝いで「古希」がありますが、古希は、「70歳まで生きている人も希である」という詩句が成り立ちであります。

つまり、古希を迎える70歳が長寿であり、卒寿(90歳)まで生きることは考えられなかったため、今日まで浸透しなかったのではないでしょうか。

還暦から始まって、古稀、喜寿と長寿祝いもたくさんありますが、中でも卒寿以降のお祝いは今でも珍しく、大変喜ばしいことです。

卒寿祝いを迎えるということは、とても幸せなことであり、喜ばしいことであります。

卒寿祝いに、お誕生日新聞をどうぞ!

記念日セット商品イメージ画像

お誕生日新聞は、140年以上前に発行された新聞からご購入いただくことができますので、なんと90歳の方にも0歳の誕生日に発行された新聞を贈ることができます。

90年前は、現代とは違い、交通・通信手段が発達していない時代ですので、そのころの新聞は大変見ごたえがあります。

記念日セットでは、0歳~90歳まで、毎年の誕生日に発行された新聞をセットにして贈ることができ、その重厚感が卒寿を迎える方の人生の歴史そのもののようで、圧倒的な品と存在感があります。

当時のニュースや書体、広告をご覧いただくことで、当時の空気を感じることができ、大変興味深い贈り物となります。

90年前の新聞からさかのぼり、時代の変化を一冊でお楽しみいただけ、お祝いの日だけではなく、少しづつご覧いただくことで、毎日の活力になること間違いなしです。

ご家族、ご友人とともに、昔の出来事を思い出し、楽しい時間をお過ごしください。

長寿祝いに喜ばれる人気商品ランキング

シーンで選ぶ(トップページ)へ戻る