シーンで選ぶ <感謝の日>

感謝の日

成人の日とは?

プレゼントに「お誕生日新聞」はいかがですか?

成人の日イメージ画像

成人の日は、1月第2月曜日です。
「おとなになったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます日」 と法律で定められました。

【成人の日の由来と変遷】
1948年の"国民の祝日に関する法律"により1月15日が「成人の日」として祝日に定められました。

成人の日が1月15日となったのは、この日が小正月であり、 かつて元服の儀が小正月に行われていたことによると言われています。

「成人の日」が制定されてから1999年までは毎年1月15日に、 前年の1月16日からその年の1月15日までの誕生日の人を祝っていましたが、2000年に制定されたハッピーマンデー制度実施以降は、1月の第2月曜日を成人の日とし、前年の4月2日からその年の4月1日に成人する人を式典参加の対象にする、 いわゆる学齢方式が定着するようになりました。

成人の日を迎え、大人への一歩を踏み出されたお子様に生まれた日の新聞を贈られてはいかがでしょうか?

成人の日祝いに喜ばれる人気商品ランキングはこちら!

シーンで選ぶ(トップページ)へ戻る