【2022年】母の日ギフト特集!お母さんに喜ばれる愛があふれるプレゼントをご紹介!

送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!
メニュー
送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!

【2022年】母の日ギフト特集!お母さんに喜ばれる愛があふれるプレゼントをご紹介!

公開日:2021年3月15日
最終更新日:2022年2月18日

ピンクのカーネーションとプレゼント

2022年、今年の母の日は、5月8日(日)

母の日は、大切なお母さんに「いつもありがとう」という感謝の気持ちを伝え、花束やプレゼントを贈るイベントとして定着しています。

ですが、いつからそのような記念日が始まったのか気になる方も多いのではないでしょうか。

今回は、母の日の由来と、おすすめのプレゼントの選び方についてご紹介いたします。

 

母の日の由来は?

母の日は、毎年5月の第2日曜日に行われています。

由来については諸説ありますが、よく知られているのが、「1907年5月にアメリカ・ウェストバージニア州に住むアンナ・ジャービスという女性が、亡くなった母を追悼するため、アメリカ・フィラディルフィラの教会で、参列者に母が好きだった白いカーネーションを配った」というエピソードです。

アンナ・ジャービスの母であるアン・ジャービスは、アメリカで社会的活動に貢献した人物。
南北戦争の際「母の日ワーククラブ」という団体を率いて、戦争で負傷した兵士の看護救命に力を注ぎました。

敵味方関係なく手当をする姿は、南北の争いを鎮める平和活動にもつながっていったそうです。

しかしアンナは「アン・ジャービスの日」とせず、全てのお母さんに敬意をあらわす日として、母に感謝をする日と定義づけたのです。

アンナのひたむきな想いが人々の心を動かし、やがてアメリカ全土に共感をよびました。
1914年アメリカの議会により、正式に5月の第2日曜日は「母の日」と制定されたのです。

そして健在の母には赤いカーネーションを、亡き母には白いカーネーションを贈ることが習慣となっていきました。
これが現在で一番有力な母の日の由来となっています。

 

母の日の殿堂入りギフト、カーネーション

子どもから母へ赤いカーネーションを贈る

母の日に贈るフラワーギフトの定番といえば、華やかな雰囲気のカーネーションが人気です。

ですが、カーネーションの種類やカラーによって花言葉も異なります。
花言葉を知った上で、自分のお母さんにプレゼントしたい想いを込めてみてはいかがでしょうか。

カーネーションの種類は?

カーネーションとお母さん

毎年母の日に贈るプレゼントとして人気のカーネーションには、約3,000種類もあり、近年では品種改良された珍しいものも存在します。

花びらがフリルのようで、愛らしい雰囲気が女性に贈るフラワーギフトとしてピッタリ。
その中でも母の日に贈るカーネーションとして人気の高い種類についてご紹介します。

カーネーションは花のフォルムや、花がつく茎の場所によってそれぞれのタイプに分かれています。

まずは花がつく場所ですが、1本の茎の先に1輪の花がつくものを「スタンダード」
花びらが大きく開いて見えるのが特徴で、エレガントな印象のカーネーションです。1本だけでも、お部屋に飾ると一気に華やかになるのでおすすめです。

次は茎が枝分かれしているのが特徴で、つぼみも含めると数輪の花がつくのが「スプレー咲き」といいます。
お花が小ぶりなので、しっとりとした大人しいイメージです。1束でもたくさんのお花が咲いているので、切り分けて使うと便利です。

花びらの特徴は4つのタイプがあります。
まずは「剣弁咲き」ですが、花びらの先端がギザギザになっているのが特徴です。
カーネーションの定番の形なので、一番よく知られているタイプです。

「極剣弁咲き」は、カーネーションには見えない花びらが特徴
まるで剣のようにとがった花びらで、つぼみを覆うように囲まれています。

「丸弁咲き」は、花びらのふちに切り込みがないタイプです。
丸みを帯びた花びらなので、全体的に柔らかで優しいイメージのカーネーション。

「ひと重咲き」は、小ぶりのお花で花びらがひと重か半八重咲きとなっています。
ナデシコとよく似ている花びらなのが特徴です。

これらの種類のカーネーションを、お母さんの好みに合わせて花鉢や花束でアレンジを加えて贈るのがおすすめです。

 
 

カーネーションの色に秘められた花言葉

赤いカーネーション

カーネーションにはそれぞれに大切な花言葉が秘められています。花言葉を知っておくと、お母さんへのメッセージとして、普段言えない気持ちを花言葉に想いを込めて贈り届けることができます。

母の日に馴染み深い「赤いカーネーション」の花言葉は「母への愛」「愛を信じる」「感動」など愛にあふれたフラワーギフト。
母の日にふさわしく、大好きという気持ちを伝える時にぴったりですね。

女性らしい雰囲気の「ピンク色のカーネーション」には「温かい心」「感謝」「気品・上品」「美しい仕草」という女性の象徴のような花言葉が。
日頃からの「ありがとう」という感謝の気持ちを母の日に花束で伝えましょう。

「オレンジ色のカーネーション」は「純粋な愛」「清らかな慕情」「あなたを愛しています」という花言葉があります。
母の日に「産んでくれてありがとう」という愛情をこめて贈るのもおすすめです。

「青色のカーネーション」は「永遠の愛」という深い意味が。
クールな印象なのにそんな強い愛のメッセージがある花言葉に驚かれるでしょう。
珍しい青色のカーネーションは新鮮なので、いっそう喜ばれますよ。

「濃い赤(深紅)のカーネーション」には「欲望」「心の哀しみ」などネガティブな意味合いをもちます。
濃さが深まるほど、悲しみが増すという心の表れと言われており、母の日に贈るお花として選ぶ場合は注意したほうが良いでしょう。

「紫色のカーネーション」は「気品」「誇り」「気まぐれ」の意味合いが。尊敬しているお母さんに贈るのにぴったりな花言葉ですね。
「気まぐれ」の部分を誤解されないように、想いを込めたメッセージを添えるのがおすすめです。

「黄色のカーネーション」は「美」「友情」「嫉妬」という意味が込められています。
いつまでもお母さんとお友達のような仲の良い関係でいたいという想いも込めて贈るとよいでしょう。
ですが「嫉妬」というネガティブな意味合いも含まれるので、メッセージカードにはたっぷりと愛情を込めましょう。

 
 

カーネーション以外でオススメの母の日ギフトは?

お母さんへ母の日ギフトを渡す娘

今年の母の日のプレゼント、他の人がどんなものを贈っているのか気になりませんか?

定番のプレゼントだけでなく、サプライズとして想像以上のものを贈るととても喜ばれることでしょう。

ここでは、人気の母の日ギフトについて、ランキング形式で5つご紹介します。
日頃からお母さんが気になっているアイテムや、充実した日々を過ごせるようなアイテムを贈るのがポイント。
大切なお母さんに喜んでもらえると、きっとこちらも嬉しくなることでしょう。
 
 

1位 グルメギフト

お食事

人気ランキング堂々の第1位は、やはり「グルメギフト」。

誰もが美味しい食べ物をもらうと嬉しいものです。お母さんが大好きな食べ物を選ぶのが喜ばれるポイント
お肉、海鮮、うなぎなど好みに合わせて選びましょう。

母の日のお祝いにするなら、大丸、伊勢丹などデパートや百貨店などへ行き、普段買わないようなワンランク上の贅沢なグルメギフトのお取り寄せをしてみると良いでしょう。
「詰合せ商品」などであれば、様々な味わいの食品を楽しめます。

インターネット通販の専門店で購入するのも、かなり上質な食品をお手頃な価格で購入できる可能性があるため、おすすめです。
通販サイトで購入する際は、レビューなどを確認し、評判の良いものから選ぶと失敗が少ないです。

また、お母さんが行ってみたい店の「お食事券」をプレゼントするのも素敵です。

母の日を家族みんなでお祝いすることで、最高の記念日になりそうですね。
 
 

2位 スイーツギフト

和菓子

甘いものをいただくと、心も体も幸せな気持ちで満たされるはず。
第2位には「スイーツギフト」がランクインです。

スイーツが大好きなお母さんには「スイーツギフト」がぴったり。

人気店のスイーツをAmazonや楽天などインターネット通販でお取り寄せすることができます。
マカロンやバームクーヘン、ケーキやチョコレートなど、お母さんの心に残るように、見た目も華やかで可愛らしいフォトジェニックなスイーツを届けましょう。

お母さんの年代や好みによっては、洋菓子ではなく和菓子をチョイスするのも素敵です。

また、お菓子よりフレッシュな果物が好きというお母さんには「フルーツギフト」がおすすめ。
母の日の時期であれば、甘くて瑞々しいさくらんぼが人気の商品となっています。
 
 

3位 雑貨

ハーバリウム

第3位は幅広いアイテムを含む「雑貨」がランクイン。

雑貨といえばキッチン家電やエプロン、マグカップなど台所で使える物が定番なのですが、せっかくなのでちょっとおしゃれな「インテリア雑貨」などを選んでみませんか?

色鮮やかで長く綺麗な姿を楽しめるハーバリウムやプリザーブドフラワーのアレンジメントなどは頻繁なお手入れ等も不要のため、近年では生花ではなくそういった形のお花を選ぶ方も増えています。

その他には、アロマ用品など、癒し系のグッズも人気が高いアイテムです。
 
 

4位 アクセサリー

アクセサリー

第4位は「アクセサリー類」。日頃オシャレをする暇もないくらい忙しいお母さんのために、記念に残るアクセサリーを贈りませんか。

ネックレスやイヤリング、ブレスレットなどであれば、いつでも肌身離さずにつけておくことができます。

シンプルなデザインの方がどんなファッションにも合わせやすく、普段使いからお出かけの際まで幅広く活躍できるのでおすすめです。

あまりにも高価すぎると気を遣わせてしまう可能性があるので、その点も配慮して選ぶとスマートです。

アクセサリーをあまり身につけない方へのプレゼントであれば、ブランド物のストールなども選択肢に入ります。
肌触りの良い上質なアイテムであれば、とっておきのお出かけの際にも使えるのではないでしょうか。
 
 

5位 コスメ

母の日にプレゼントを渡す娘

第5位は「コスメ・化粧品」。
お母さんにいつまでもおしゃれを楽しんでほしいという気持ちを込めて、コスメをプレゼントしてみるのはいかがでしょうか。

こちらもアクセサリーと同様、あまり自分のことに時間をかけられないお母さんであれば、特に喜んでいただけるかもしれません。

普段から使用しているこだわりのコスメがある、またはあまりたくさんの化粧品は使わないという方であれば、良い香りのハンドクリームや入浴剤など、素肌のケア用品が特におすすめ。

スキンケア用品はギフトセットになっているものも多いため、贈り物にはぴったりです。
 
 

【番外】誰とも被らない特別なプレゼントを選ぶなら

お誕生日新聞「表紙セット」

めずらしくて特別感のある、いつもと違う母の日プレゼントをお探しの方には「お誕生日新聞」がおすすめです。

「お誕生日新聞」とは、お母さんの生まれた日や二十歳の年、結婚式の日などの思い出の日の新聞を”大切な思い出”とともに贈ることができる、唯一無二のギフトです

母の日のプレゼントとして特にオススメしたいのが『表紙セット』
表紙には名前や日付の印字が可能、更にオプションにてメッセージカードを添えることで特別感を素敵に演出いたします。

もちろんスタッフ一同、真心込めて一つ一つ大切にお作りしておりますので、直接お相手様にお送りすることも可能でございます。

お誕生日新聞を見るお父さんとお母さん

当時の紙面から伝わるお母さんが生きてきた激動の時代。

小さい頃の思い出、少女時代の思い出、二十歳の時の思い出、ご結婚した時の思い出など・・・

今までお母さんから聞くことになかった当時のめずらしい、楽しいお話が聞けるかもしれません。

お母さんが生きてきた時代をご家族皆さまで共有することで、家族のルーツや生まれた意味を知るきっかけにもなります。

今までの感謝の思いを込めて、今年の母の日は「お誕生日新聞」を贈ってみてはいかがでしょうか。

母の日に思い出の日の新聞を贈る。お誕生日新聞オンラインショップ
「お誕生日新聞」母の日プレゼント特集ページはこちら

母の日ギフトの選び方や予算はどうする?

平均相場
 

プレゼント選びのヒントはライフスタイルにあり!?

お母さんへ贈る母の日ギフトの選び方のポイントは、ライフスタイルの中で何に対して時間を使っているのか、どんな趣味があるかなどを把握しておくことが大切です。

家事に時間をかけているなら、家事に役立つアイテム、お仕事を頑張っているなら癒しをあたえてくれるリラクゼーショングッズや、ビジネスライフに活躍するアイテムがおすすめ。

趣味を楽しんでいるお母様へは、趣味に関するアイテムを贈りましょう。

普段の会話の中にもヒントがたくさん含まれているので、しっかりとコミュニケーションを取ることも大切ですね。
 
 

相手に気を遣わせない予算とは?

「大切なお母さんのために高価なプレゼントを贈りたい」という方も多くいるでしょう。

ですが、あまりに高価なものだと、お返ししなくてはいけないという気持ちがでたり、勿体なくてなかなか使えないという悩みもでてくるかもしれません。

お母さんに贈るプレゼントであれば、2,000円〜5,000円程度の予算が相場となっています。

お母さんと遠く離れて暮らしている人は、送料やラッピングが無料のアイテムや送料込のアイテムから選んで、その分プレゼントに予算をかけるというのもオススメです。
 
 

メッセージカードに使える文例集

母の日に似顔絵を描くこども
母の日は、日頃の感謝を伝える絶好のチャンス!
プレゼントよりも大切なのは、お母さんを大切に想う思いやりの気持ちです。

プレゼントにお祝いメッセージを一言添えるだけで、大切なお母さんへの感謝の思いが伝わります。

予算をかけなくても、メッセージカードにたくさんの普段伝えきれない愛があふれる言葉を添えるだけで、お母さんの心が温められて、日々を頑張る原動力となるでしょう。

普段はなかなか伝える機会がないかもしれませんが、母の日を機会に「感謝の言葉」や「ねぎらいの言葉」にお母さんに伝えてみてはいかがでしょうか

以下では、昔の新聞ギフトショップ「お誕生日新聞」が厳選した、母の日のおすすめメッセージ例文をご紹介しています。

 

こちらのページもおすすめです
母の日のお祝いに喜ばれるメッセージ文例集

 

 

こちらの商品もオススメです

この記事をシェアする
B! Hatena  LINE  Pocket 
ページトップへ