社長・恩師の誕生日に喜ばれる人気商品ランキング

送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!
送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!

お客様サポート

011-522-8289

(平日9:00~17:00)

社長・恩師の誕生日祝い
人気商品総合ランキング

       

誕生日プレゼントの決定版!生まれた日の新聞を贈る「お誕生日新聞」の人気商品をご紹介します。

誕生日祝い
人気商品ランキングベスト3

  • 送料無料

【誕生祝い】記念日セット (30枚~120枚)

26,600円〜70,400円(税込)

詳細はこちら

毎年のお誕生日(0歳、1歳、2歳、3歳・・・)の新聞を上製本に仕立てた特注品です。

上製本にお名前を箔押しして「特別感」を演出します。
さらに拘りの「高級桐箱」と「京都ちりめん風呂敷」に包んでお届けします。

既製品では手に入らない「人生ストーリー」を贈ることができる記念日セットは贈り物の決定版です。

59時間53分以内のご注文で、最短2018/10/06(土)にお届け予定です。

【誕生祝い】表紙セット (1枚~12枚)

1,390円〜8,540円(税込)

詳細はこちら

大切な日に発行された当時の新聞を、最大12枚セットにして贈ることができます。

例えば、5年ごとの誕生日(0歳、5歳、10歳、15歳・・・)や、入社した日、結婚記念日など…。
大切な方の、特別な思い出がつまった1冊をご注文できます。

懐かしい紙面で思い出を振り返り、みんなでワイワイ盛り上がりましょう。

59時間53分以内のご注文で、最短2018/09/28(金)にお届け予定です。
  • 送料無料

【誕生祝い】記念日パズル パズルフレーム付き

10,290円(税込)

詳細はこちら

誕生日や結婚記念日に発行された当時の新聞(一面)をジグソーパズルに仕立てた贈り物です。

パズルを組み立てながら、当時の出来事に思いを馳せることができます。

完成後に見られる当時の新聞は、驚きと達成感で心躍ることでしょう。

パズルピースの大きさも3種類からえらべるので、お子様・ご年配の方にも楽しんでいただけます。

59時間53分以内のご注文で、最短2018/10/04(木)にお届け予定です。
⇒全ての「誕生祝い」の商品をみる

お客様の声

お客様の声はこちら

「お誕生日新聞」とは?

お誕生日新聞とは、新聞の「一面」と「テレビ面」を1枚の上質紙(グレー色・A3サイズ)に両面プリントしたサービスです。新聞社は、5社よりお選びいただけます。

※「テレビ面」のない時代は、「ラジオ・社会面」または「裏面」をご提供します。
※日本経済新聞の「裏面」は、「二面」となります。

社長・恩師の誕生祝いに
「お誕生日新聞」が
喜ばれる3つの理由

  • 懐かしい新聞を見て感激!

    1懐かしい新聞を見て感激!

    「私が生まれた日の新聞!?」
    激変の時代、いつも欠かさず新聞を見る社長も、自分が生まれた日の新聞を見て驚きを隠せません!

    懐かしさを感じながらも、現代との違いを感じて歴史の長さに想いを馳せることができます。
    普段の激務に感謝の意を表して、これまでの「人生ストーリー」を贈ることができます。

  • 他では手に入らない特別さを演出

    2他では手に入らない
    特別さを演出

    多くの社長にとって、プレゼントとして欲しい物がこれと言って無いケースが多いです。
    ここはひとつ、「物」ではなく「思い出」をプレゼントしませんか?激務をこなす社長にとって、過去を思い出すきっかけを演出します。

    「この時代にこんなことがあったな!懐かしい!」
    お誕生日新聞は、お世話になっている社長がこれまでに歩んだ特別な「思い出」を贈ることができます。

  • 盛り上がる話題が豊富

    3盛り上がる話題が豊富

    「このテレビ番組懐かしいな!」
    当時の新聞は、ニュースだけでなく、広告やテレビ番組などから流行や文化を感じ取ることができます。

    当時を振り返ってみて、社長の懐かしい思い出話に花が咲くお手伝いをさせていただきます。当時を振り返り、社長が歩まれたこれまでの壮大なドラマを知るきっかけとなります。

新聞社がお選びいただけます!

各種新聞社各種新聞社

<読売新聞>
※「ちょこっとプラン」「ごっそりプラン」の提供は行っておりません。
※「表紙セット」は、1セット3枚以上からご注文いただけます。

社長・恩師へ誕生日プレゼントを贈るポイント

  • 喜ばれる贈り物をリサーチしよう

    自分よりはるかに目上の存在である社長や恩師に欲しいものをストレートに聞いても、答えてもらえない、または気を悪くさせてしまう可能性があります。普段の持ち物や世間話から趣味や嗜好を考えて、それに合うものを選ぶといいでしょう。

    共通の趣味があれば、選びやすいのかもしれません。何を選べばいいのかどうしてもわからないという人は、無難に万年筆やグラスなどの日用品を贈ってみてはいかがでしょうか。

    ウケ狙いのプレゼントは、友人や家族であれば喜んでもらえることもありますが、目上の人に贈る場合には避けた方がいいでしょう。

  • プレゼントの平均相場は?

    社長や恩師に贈る誕生日プレゼントの相場は5,000円~1万円程度と考えておきましょう。予算が少ないとどうしても貧相になってしまいがちなので、少し奮発して選ぶことをおすすめします。

    職場の同僚や上司と一緒に贈る場合は、事前に相談して同じ程度の予算を出し合いましょう。みんなでお金を出し合って、高額商品ひとつをプレゼントとして贈るのもおすすめです。

  • プレゼントを渡すタイミングは?

    誕生日プレゼントはできるだけ誕生日当日、または直前に渡すようにしましょう。遅くなってしまう場合でも、誕生日当日が仕事日の場合、一言お祝いの言葉を伝えることをおすすめします。

    誕生日パーティーを開く際には、乾杯の直前にお祝いのメッセージを添えながらプレゼントを渡しましょう。会の途中でプレゼントを見てもらえば、反応が直に伝わります。

  • プレゼントで避けたい商品

    身内以外で立場が上の人に贈り物をするときには、いくつかの注意点があります。例えば、現金や商品券は目上の人に贈るのは、大変失礼です。また、靴やスリッパなどの履物や靴下や下着など下につけるものは「下に見ている」と思われるため、避けるようにしましょう。

    また、ネクタイやワイシャツなど仕事に使うものを贈る行為も、上から目線で失礼とされています。他にも、「死」を連想させるくし(苦・死)やハンカチ(手布→てぎれ→別れ)など縁起が悪いとされているものは、極力避けてください。

    好みがわからない社長や恩師には万年筆などの文房具や、グラスなどの食器が無難でおすすめです。

  • プレゼントには名入れ商品がオススメ

    誕生日プレゼントには名前を入れてもらうと、特別感が増すのでおすすめです。万年筆や食器など名前を入れやすいものをプレゼントに選ぶのもいいでしょう。

    スペシャルな誕生日プレゼントを贈りたいと考えている人は、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • お祝いのメッセージを添えよう!

    贈り物も喜ばれますが、誕生日には普段なかなか伝えられない感謝の気持ちとこれまでの労いの言葉を添えると、社長や恩師に感動してもらえるはずです。

    誕生日パーティーを開く場合、乾杯時にお祝いのメッセージを一言添えるのも素敵ですし、職場の仲間と協力して色紙やメッセージカードを完成させるのもよいでしょう。

ページトップへ