1968年(昭和43年)はどんな年だったの?

送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!
メニュー
送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!

1968年(昭和43年)はどんな年だったの?

公開日:2022年6月26日
最終更新日:2022年8月16日

1968
昭和43年・申(さる)
生まれの方は今年(2022年)
54歳です

60年代のブンシロー

1968年の日本は、まさしく激動の時代。
学生運動が盛んで、学生と機動隊との衝突が幾度となく繰り返されていた世の中だったんだ。若者たちは不安を抱えながら、必死に社会を変えようとしていたのかもしれないね。
アメリカでは、4月にキング牧師、6月にはロバート・ケネディ大統領暗殺事件、そしてインドシナ半島では、ベトナム戦争が激化していたんだよ。
そんな激動の1968年(昭和43年)の主なニュースを3つ紹介するよ!

1968年の主なニュース

川端康成ノーベル文学賞受賞

1968年10月17日に、川端康成氏の日本人で初めてノーベル文学賞の受賞が決定し、その嬉しいニュースに、日本中が歓喜でわきました。
アカデミー賞授賞の理由は、「日本人の心の精髄を優れた感受性で表現する、その物語の巧みさ」というもので、「雪国」や「伊豆の踊子」など、繊細で豊かな日本人ならではの表現力が世界で高く評価されたようです。

当時のことを記された資料によると、アカデミーは、受賞者が西洋の作家に偏りすぎていると批判されていたようです。このことから、日本人の作家にも目を向けられるようになり、川端康成氏の文学が高く評価され、ノーベル文学賞受賞に繋がりました。

3億円強奪事件発生

3億円強奪事件は、記憶に残る歴史的な未解決事件。この事件は、1968年12月10日に東京都府中市で発生。現金輸送車に積み込まれた3億円を、白バイ警察官に扮した男によって強奪されたのです。

犯行現場には遺留品があったのですが、決定的な証拠にはならず、ついに1975年時効が成立しました。

3億円には保険が掛けられており、金銭的な損害はなかったのですが、事件の背景で犠牲になった人物もいます。
マスコミの報道により、犯人だと疑われて自殺した人物や、捜査の過労によって殉職した警察官などです。このことから、数奇な運命に翻弄された方もいる、悲惨な事件だといえます。

メキシコオリンピック開幕

10月12日から10月27日までの16日間、メキシコの首都メキシコシティーで、オリンピックが開幕されました。
この時、メキシコのハードル選手、エンリケタ・バシリオが、女性で初めて聖火リレーの最終ランナーを務めました。

メキシコの高地で行われたこともあり、競技によっては過酷なものとなったようです。
そんな状態の中、走幅跳びの新記録を出したボブ・ビーモンの記録は、その後23年間破られることがありませんでした。

金メダル4つ、銀メダルを2つ獲得したチェコスロバキアの体操選手、ベラ・チャスラフスカは、容姿の美しさと優美な演技で観客を虜にしました。

<その他、1968年のニュース・出来事>
ロバート・ケネディ暗殺事件
小笠原諸島が日本に復帰
「アポロ7号」アメリカで打ち上げ
札幌医科大学で日本初の心臓移植
黒人公民権運動指導者キング牧師暗殺

1968年のテレビ番組

木島則夫ハプニングショー
夜のヒットスタジオ
男はつらいよ
3時のあなた
キイハンター

1968年の流行歌

天使の誘惑/黛ジュン
星影のワルツ/千昌夫
恋の季節/ピンキーとキラーズ
伊勢崎町ブルース/青江三奈
ケメ子の唄/ザ・ダーツ

1968年の映画

猿の惑星
続・夕陽のガンマン
2001年宇宙の旅
博徒列伝
緋牡丹博徒

1968年のファッション

ミニスカート大流行
男の長髪大流行
サイケ、ヒッピースタイル

1968年の流行語

とめてくれるなおっかさん
サイケ
ズッコケる
いざなぎ景気
ゲバ

1968年生まれの著名人

CHARA(歌手)
1月13日生まれ

葉加瀬 太郎(ヴァイオリン奏者)
1月23日生まれ

桑田 真澄(スポーツ選手)
4月1日生まれ

菊池 桃子(歌手・タレント)
5月4日生まれ

鈴木 京香(俳優)
5月31日生まれ

※当サイトの情報は、株式会社アシストシステム研究所で集計し公開しています
※当サイトの内容、画像等の無断転載はご遠慮ください

「お誕生日新聞」は、1968年の新聞もご購入いただけます

「当時の紙面」から伝わる、
大切な方がこれまで歩まれてきた時代...。

「お誕生日新聞」とは、「大切な方へ生まれたの日の新聞を贈る」をコンセプトにした、大変めずらしいオンライン限定のギフトショップ。

生まれた日の新聞はもちろん、二十歳の年や結婚式の日など思い出の日の新聞と一緒に「感動」をプレゼントできる、世界でたった一つの特別なギフトです。

「お誕生日新聞」をかこんで、ご家族やご友人と共に過ごす素敵な時間...。それはありきたりのプレゼントでは贈ることのできない「特別なもの」です。

大切な方の思い出にみなで寄り添いながら、笑顔が広がる大変めずらしい贈りもの。
「お誕生日新聞」は年齢性別問わず、皆さまでお楽しみいただける「とっておきのギフト」です。



こちらの商品もオススメです

この記事をシェアする
B! Hatena  LINE  Pocket 
ページトップへ