1974年(昭和49年)はどんな年だったの?

送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!
メニュー
送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!

1974年(昭和49年)はどんな年だったの?

公開日:2022年7月14日
最終更新日:2022年8月16日

1974
昭和49年・寅(とら)
生まれの方は今年(2022年)
48歳です

70年代のブンシロー

戦後初のマイナス経済成長だった、1974年。一世風靡した巨人の長嶋茂雄選手の引退や、佐藤栄作のノーベル平和賞受賞、コンビニエンスストア「セブンイレブン」第1号店が開店するなど、華やかなニュースがあったんだ。一方では、過激派による連続企業爆破が起こって、世間を震撼させたんだって。
また、スプーン曲げで有名なユリ・ゲラーの来日で、超能力・オカルトブームが巻き起こった年でもあるんだよ。
ここからは、1974年(昭和49年)に起こった主なニュース3つをくわしく紹介するね!

1974年の主なニュース

ミスター巨人、長嶋茂雄選手が引退

1974年10月14日、巨人の背番号3番、長嶋茂雄選手が引退。多くの記憶に残るプレーを球界に運んでくれました。引退試合は東京・後楽園球場で開催され、試合後のセレモニーでの「わが巨人軍は永久に不滅です」のフレーズは今でも多くの人々の心に刻まれています。

たくさんのファンに惜しまれつつ、プロ生活17年の輝かしい選手生活に幕を閉じたのです。成績や技術力はもちろん、長嶋茂雄選手独特なパフォーマンス力も人気の秘訣だったのかもしれません。

ノーベル平和賞を佐藤栄作が受賞

1974年、佐藤栄作元総理大臣が日本人で初めてノーベル平和賞を受賞しました。ノーベル平和賞受賞にあたってさまざまな憶測がありますが、「核を持たず、作らず、持ち込ませず」という非核三原則を宣言し、アメリカなど5カ国以外の核兵器保有を禁止するNPT(核拡散防止条約)に署名したことが受賞の大きな理由だったということです。

受賞の3年前の1971年8月、現職の総理大臣として初めて広島平和記念式典に出席。さまざまな思いと向き合い、政治的任務を果たした偉大な人物像も、大きく評価されたのでしょう。

「セブン-イレブン」第1号店が開店

1974年5月15日、東京都江東区豊洲でフランチャイズシステムを本格的に採用した、「セブン-イレブン」第1号店が開店しました。
オープン初日、開店と同時に多くのお客さんが訪れ、最初に売れた商品は「サングラス」だったということです。

この記念すべき第1号店は当初、朝7時〜夜11時までの16時間営業で、もともと山本茂商店という酒店でした。現在でも豊洲駅近くヤマケンビル1Fに「セブン-イレブン 豊洲店」として営業されています。

<その他、1974年のニュース・出来事>
ガッツ石松がボクシングWBC世界ライト級王座に
超能力ブーム
志村けんがザ・ドリフターズに正式加入
アメダス(気象庁自動気象データ収集システム)が運用開始
小野田元陸軍少尉をルパング島で救出

1974年のテレビ番組

新春オールスター大運動会
ザ・ボディガード
ウルトラマンレオ
がんばれ!!ロボコン
霊感ヤマカン第六感

1974年の流行歌

襟裳岬/森進一
うそ/中条きよし
くちなしの花/くちなしの花
母に捧げるバラード/海援隊
恋のダイヤル6700/フィンガー5

1974年の映画

燃えよドラゴン
エクソシスト
ダーティーハリー2
華麗なる一族
山口組外伝・九州進攻作戦

1974年のファッション

ツインセーターブーム
ブリーチドジーンズ
スリーピーススーツ流行

1974年の流行語

巨人軍は永久に不滅です
ゼロ成長
ストリーキング
死んでもやめぬ
青天のヘキレキ

1974年生まれの著名人

後藤 久美子(俳優)
3月26日生まれ

有吉 弘行(タレント)
5月31日生まれ

和泉 元彌(狂言師)
6月4日生まれ

華原 朋美(歌手)
8月17日生まれ

室伏 広治(ハンマー投げ)
10月8日生まれ

※当サイトの情報は、株式会社アシストシステム研究所で集計し公開しています
※当サイトの内容、画像等の無断転載はご遠慮ください

「お誕生日新聞」は、1974年の新聞もご購入いただけます

「当時の紙面」から伝わる、
大切な方がこれまで歩まれてきた時代...。

「お誕生日新聞」とは、「大切な方へ生まれたの日の新聞を贈る」をコンセプトにした、大変めずらしいオンライン限定のギフトショップ。

生まれた日の新聞はもちろん、二十歳の年や結婚式の日など思い出の日の新聞と一緒に「感動」をプレゼントできる、世界でたった一つの特別なギフトです。

「お誕生日新聞」をかこんで、ご家族やご友人と共に過ごす素敵な時間...。それはありきたりのプレゼントでは贈ることのできない「特別なもの」です。

大切な方の思い出にみなで寄り添いながら、笑顔が広がる大変めずらしい贈りもの。
「お誕生日新聞」は年齢性別問わず、皆さまでお楽しみいただける「とっておきのギフト」です。



こちらの商品もオススメです

この記事をシェアする
B! Hatena  LINE  Pocket 
ページトップへ