1977年(昭和52年)はどんな年だったの?

送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!
メニュー
送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!

1977年(昭和52年)はどんな年だったの?

公開日:2022年7月14日
最終更新日:2022年8月16日

1977
昭和52年・巳(へび)
生まれの方は今年(2022年)
45歳です

70年代のブンシロー

1977年は、エンタメやスポーツに注目が集まった年だったよ。スーパーカーブームや、樋口久子が日本初のゴルフ米メジャー優勝を飾る快挙を達成。画期的なニュースも飛び交っていた一方、青酸コーラ無差別殺人事件やハイジャック事件の多発、全国的に大雪となった五二豪雪など、悲しいニュースも多かったんだ。また、世界的に人気のあったエルビス・プレスリーやチャップリン、俳優で映画監督の田中絹代らが死去された年でもあるんだね。
ここからは、1977年(昭和52年)に起こった主なニュース3つをくわしく紹介するよ!

1977年の主なニュース

王選手、756号ホームラン世界記録を達成

1977年9月3日、巨人の王貞治選手が通算756号ホームランを打ち、世界記録を達成。王選手は「一本足打法」と呼ばれる、独特な打法で通算本塁打数(868本)、当時のシーズン本塁打数の日本記録(55本)を打ち立てました。

現在でもこの世界的記録は誰にも塗り替えられていません。当時の通算安打数は2786本、ヒット数3本の内1本がホームランという、驚異的な記録に世間は驚かせられました。

ダッカ日航機ハイジャック事件

1977年9月28日、パリ発東京行きの日航機を日本赤軍グループ5名がハイジャックし、バンデラデシュのダッカに着陸させました。犯人は乗客・乗員151人を人質に、服役中の過激派活動家9人の釈放と出国、身代金約16億円を要求。当時の福田内閣は、これを受け入れました。

人質は交換条件により、徐々に釈放され、10月3日には全員が無事に解放され、福田赳夫首相の「人の命は地球よりも重い」という言葉は、今もなお語り継がれています。

カラオケ、テレビゲームが大ブーム

カラオケが急速に普及した、1977年。当初は映像なしの伴奏用テープのみでしたが、バーやスナックでカラオケがよく唄われたことで、カラオケは大人の娯楽としてお酒の席では欠かせない存在になりました。その後、世界にカラオケ文化が広がっていったと言われています。

また、カラーテレビゲームという任天堂初の家庭用テレビゲーム機が発売され、100万台を超える大ヒットを記録。一躍テレビゲームブームが到来し、子供たちに人気を博しました。

<その他、1977年のニュース・出来事>
日本の平均寿命世界一になる(男 72.69歳・女 77.95歳)
王貞治が国民栄誉賞第1号、受賞
年末ジャンボ宝くじ(1等1000万円)発売
インドのガンジー政権倒れる
北海道有珠山32年ぶり爆発

1977年のテレビ番組

海は甦える
あなたのワイドショー
ヤッターマン
ズバリ!当てましょう
史上最大!第1回アメリカ横断ウルトラクイズ

1977年の流行歌

勝手にしやがれ/沢田研二
昔の名前で出ています/小林旭
愛のメモリー/松崎しげる
渚のシンドバッド/ピンクレディー
津軽海峡冬景色/石川さゆり

1977年の映画

キングコング
ロッキー
人間の証明
幸福の黄色いハンカチ
八甲田山

1977年のファッション

パンク・ファッション
ギャザースカート
ベストの流行

1977年の流行語

たたりじゃー
よっしゃ よっしゃ
飛ンデレラ 死んでれら
天は我らを見放した
決っして1人では見ないで下さい

1977年生まれの著名人

香取 慎吾(俳優・タレント)
1月31日生まれ

北川 悠仁(ゆず)
1月14日生まれ

中田 英寿(サッカー選手)
1月22日生まれ

松 たか子(俳優)
6月10日生まれ

市川 海老蔵(11代目)(歌舞伎役者)
12月6日生まれ

※当サイトの情報は、株式会社アシストシステム研究所で集計し公開しています
※当サイトの内容、画像等の無断転載はご遠慮ください

「お誕生日新聞」は、1977年の新聞もご購入いただけます

「当時の紙面」から伝わる、
大切な方がこれまで歩まれてきた時代...。

「お誕生日新聞」とは、「大切な方へ生まれたの日の新聞を贈る」をコンセプトにした、大変めずらしいオンライン限定のギフトショップ。

生まれた日の新聞はもちろん、二十歳の年や結婚式の日など思い出の日の新聞と一緒に「感動」をプレゼントできる、世界でたった一つの特別なギフトです。

「お誕生日新聞」をかこんで、ご家族やご友人と共に過ごす素敵な時間...。それはありきたりのプレゼントでは贈ることのできない「特別なもの」です。

大切な方の思い出にみなで寄り添いながら、笑顔が広がる大変めずらしい贈りもの。
「お誕生日新聞」は年齢性別問わず、皆さまでお楽しみいただける「とっておきのギフト」です。



こちらの商品もオススメです

この記事をシェアする
B! Hatena  LINE  Pocket 
ページトップへ