入籍する一般的な日は?おすすめの時期

送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!
送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!

お客様サポート

011-522-8289

(平日9:00~17:00)

入籍する一般的な日は?おすすめの時期とは?

プロポーズされて、まず考えるのが入籍日!入籍する一般的な日は?おすすめの時期をご紹介します♪

誕生日プレゼント特集

入籍日はどうやって決める?

結婚式場や2人の仕事の都合上、また、出席者への配慮などから、なかなか好きな日取りで決められないのが挙式日です。

一方入籍日は、婚姻届を役所に提出した日となるため、2人のこだわりの日を選ぶことができます。

最近ではカレンダーに記載されることも少なくなった六曜(六輝)ですが、依然として六曜から縁起がよい日を考える方は多いようです。

六曜とは、その日の運勢や日時・方位などの吉凶を示す暦注のひとつで、以下の6つがあります。

大安(たいあん)
「大いに安し」の意から、何事も良しとされる吉日

友引(ともびき)
もとは「共引」と書き、「物事に勝敗なし」の意から、朝晩は吉だが昼は凶とされる日

先勝(せんしょう、さきがち)
午前中は吉とされる日

先負(せんぷ、さきまけ)
午後は吉とされる日

赤口(しゃっこう、しゃっく)
牛の刻(11時頃~13時頃)のみ吉とされる日

仏滅(ぶつめつ)
「仏も滅する」の意から、大凶とされる日

「友を引く」ことから結婚式の場合は友引を選び方も多いようですが、入籍日として考える場合は、特に大安と仏滅を意識する方が多いようです。

またカップルによっては、縁起などは特に気にせず、プロポーズをした日・された日や、付き合い始めた日など、2人にとっての記念日を入籍日にしている場合もあります。

いずれにせよ重要なことは、入籍日がお互いにとって大切にしたい特別な日となることです。

最近では、挙式日ではなく入籍日を結婚記念日としている方も多く、お互いが覚えやすい日にすることもひとつのポイントになります。

中には、挙式日と入籍日が違うと覚えにくいため、結婚式を挙げたその足で役所に行き、婚姻届を提出したという方も。

お二人の考え方に合わせて、最適な日を選んでみてください。

<結婚記念日の一覧>

紙婚式(1周年) 綿婚式(2周年) 革婚式(3周年) 花実婚式(4周年)
木婚式(5周年) 鉄婚式(6周年) 銅婚式(7周年) ゴム婚式(8周年)
陶器婚式(9周年) 錫・アルミ婚式(10周年) 鋼鉄婚式(11周年) 絹・麻婚式(12周年)
レース婚式(13周年) 象牙婚式(14周年) 水晶婚式(15周年) 磁器婚式(20周年)
銀婚式(25周年) 真珠婚式(30周年) 珊瑚婚式(35周年) ルビー婚式(40周年)
サファイア婚式(45周年) 金婚式(50周年) エメラルド婚式(55周年) ダイヤモンド婚式(60周年)

おすすめの入籍日

1.暦上縁起がよい日

暦の上で縁起がよい日というと、ほとんどの方が先ほどご紹介した六曜の大安を思い浮かべるかもしれませんが、実は、大安よりもさらに縁起がよいとされる日があります。

それが以下の3つの日です。

 

天赦日(てんしゃにち)
「天が万物の罪を赦す」の意から、大吉とされる日

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)
「1粒のもみが万倍の稲穂になる」の意から、新しいことを始めるには最上とされる日

母倉日(ぼそうにち)
「母が子を育てるように天が人を愛おしむ」の意から、何事も良しとされる吉日

天赦日は、暦の上では最上の吉日とされており、年に数回しかありません。

一粒万倍日と母倉日は月に数回あり、特に母倉日は、婚姻には最適の日とされています。

これらと大安が重なる日は大変縁起がよい日になるため、縁起にとことんこだわりたい方は、ぜひ調べてみてください。

 

2.ふたりにとって思い出の日

お互いの誕生日、付き合い始めた日、一緒に暮らし始めた日、プロポーズの日など、2人にとって覚えておきたい日、大切にしたい日を入籍日とすることもおすすめです。

入籍日が巡ってくるたびに、当時の気持ちやできごとを思い返すことができます。

 

3.覚えやすい日

毎年記念日をお祝いできるように、語呂合わせなどで覚えやすい日を入籍日としておく方法もあります。

例えば、いつまでも仲の良い夫婦でいようとの願いも込めて、8月10日の「ハートの日」、11月22日の「いい夫婦の日」などはいかがでしょうか?

また、2月2日、3月3日など、数字が重なる日も覚えやすいかもしれません。

そのほか、12月25日のクリスマスや1月1日のお正月、2月14日のバレンタインデーなど、あえてイベントの日に合わせ、記念日と一緒にお祝いする方法もおすすめです。

また、入籍日を祭日や祝日にすれば、お子さんが生まれて家族が増えてからも、毎年家族で記念日をお祝いすることができ、いい思い出となるでしょう。

 

誕生日祝いプレゼント特集

誕生日のプレゼントにオススメ!「お誕生日新聞」
あなたは自分が生まれた日の新聞を、見たことありますか?
今年の誕生日プレゼントはひと味違ったものを贈ろう!
サプライズプレゼントにオススメです。
誕生日に喜ばれる!人気商品総合ランキング

この記事をシェアする
B! Hatena  LINE  Pocket 
ページトップへ