誕生日はとても特別な日!
今までどんな誕生日を過ごしてきましたか?
世界では誕生日にどんなお祝いをしているか調べてみました! 

 アメリカ 

誕生日の本人がパーティーの招待状を送りみんなを招待します
招待された人は当日にプレゼントを持っていくルール
女の子の16歳の誕生日はSWEET SIXTEENと呼ばれ特別な節目でもあります

 イタリア 

誕生日を迎える人がプレゼントを開けた後に
パーティーの参加者から耳たぶを引っ張られるという習慣
これは「耳たぶが地面につくほど長生きできるように」とのことから

 ブラジル 

誕生日を迎える人に小麦や卵などを投げつけるという風習
こちらの由来については諸説あり
ケーキを作るのが大変だから」ひなは卵から生まれるから」
などありますが、はっきりとは分かっていません

 カナダ 

誕生日を迎えた人は、鼻にバターやクリーム、
オイルなどを塗られる風習が!
これは不幸や災いが滑っていくようにという願いが込められているとのこと

 メキシコ 

ピニャータという動物の形をした「くす玉」のような物にお菓子などを詰め
目隠しをした誕生日の子供が割る習慣があります

 イスラエル 

花や葉っぱで作った冠を頭に乗せてお祝いをします
誕生日の子供のまわりで歌って踊り
年齢の数だけ椅子をみんなで持ち上げ幸運を祈ります

誕生日!何食べる?

日本では誕生日に食べるものといえばバースデーケーキが定番ですよね!
世界では何が食べられているのでしょうか?

 ロシア 

【パイ】
ロシアではケーキではなくパイを食べるのが一般的
バースデーパイは中身が分からないところも楽しみの一つ!

 オーストラリア 

【フェアリーブレッド】
子供の誕生日パーティーに食べるおやつ
食パンにマーガリンやバターを塗り、カラフルな砂糖の粒をのせたもの
見た目にもとってもかわいい定番のおやつです

 台湾 

【麺と豚足】
「豚の足で悪いものを払って、麺のように長く生きますように」との
願いが込められているとか

 韓国 

【わかめスープ】

妊娠中や産後にミネラルや栄養素が豊富なわかめを食べる習慣があり
そこから「産んでくれた日に感謝の意味を込めて」とのことから
わかめスープを食べるそうです


いかがですか?
誕生日のお祝いの仕方や食べるものが
それぞれの国によって違いがあり興味深いですよね!

「自分のため祝ってくれてありがとう!」
「産んでくれてありがとう!」と家族や友人へ感謝する日にしましょう!

お誕生日新聞の「表紙セット」
表紙セットは最大20枚まで、お誕生日新聞をセットにすることができます。5年、10年ごとの誕生日の新聞や、結婚記念日、家族の思い出の日。入学・卒業、入社日・退社日など、世界で一つのセットをつくることができます。
価格:2,450円(税込)~

表紙セットの紹介ページはこちら