「緑寿」の由来と風習21世紀の長寿祝い!66歳を祝う「緑寿」の由来と風習

送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!
送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!

お客様サポート

011-522-8289

(平日9:00~17:00)

21世紀の長寿祝い!66歳を祝う「緑寿」の由来と風習

緑寿の由来

<緑寿祝いに66年前の新聞を贈る。緑寿「記念日セット」>

緑寿の由来

緑寿(ろくじゅ)は数え年66歳の長寿のお祝いとして、日本百貨店協会が2002年9月に提唱した新しい概念です。

室町時代に定着した長寿祝いは「還暦(数え年60歳)」「古希(数え年70歳)」「喜寿(数え年77歳)」「米寿(数え年88歳)」の4つで、そのうちの喜寿は、語呂合わせから発生した日本独自の長寿祝いでした。
その後も、語呂合わせで生まれた「傘寿(数え年80歳)」「卒寿(数え年90歳)」「白寿(数え年99歳)」「百寿(数え年100歳)」が江戸時代までに広まっています。

21世紀に入って誕生した緑寿もまた、年齢の66を緑緑(ろくろく)と見立てた「緑緑寿」の語呂合わせを簡略化した祝名です。
定年制度が65歳に引き上げられた2013年に、日本では男女とも平均寿命が80歳を超えました。
数え年の66歳は、現役世代から高齢世代へと変わる節目の年齢にあたりますが、健康寿命も延びる中、まだまだ現役という方も多くなっています。

 

長寿祝いの早見表
今年(2019年)に長寿祝いを迎える人の西暦・和暦は?


今年に長寿祝いを迎えるは何年生まれの人?

この節目をリタイアではなく新たな社会活動へのスタートと捉え、「高齢世代の新たな出発を祝う」という趣旨で提唱されたのが緑寿です
語呂合わせであてられた緑は、若々しいエネルギーをイメージする色です。

またこの緑には、21世紀の地球規模のテーマである環境問題も背景として意識されています。
緑寿の祝いは、エコロジーやリサイクルなど、現役世代の忙しい時には向き合えなかった環境意識と向き合い、人生の節目に次の世代に受け継ぐ未来環境について考えるきっかけとしての意味もあります。

緑寿の風習

長寿祝いで「還暦」から「古希」の間は10年あり、他のお祝いに比べて最も間隔があいていました。

60~70歳の10年を考えると、社会人となって家を離れた子どもたちが各々の家庭を持ち、子育てや仕事で忙しくなる時期です。
同居や行き来が多い家庭以外では、親子の交流が希薄になりがちな期間でもあります。

定年のねぎらいは、会社では盛んでも、家族の集まりとしてはそれほど一般的ではありませんから、緑寿の長寿祝いは、子どもにとっては親への感謝の気持ちを伝える良い機会になるでしょう

他の長寿祝いに比べて歴史も浅いため、各地の風習などが作られていくのはこれからだと考えられます。
家族が集まりやすい時期を相談し、食事会や旅行など、家族みんなで楽しいお祝いをしたいものですね。緑寿のお祝いの決まりごとといえば、基調色の緑色です。

新たなスタートへのエネルギー色であるとともに、「環境の世紀」といわれる21世紀のテーマカラーともいえますから、お祝いの贈り物には緑色のものや、植物など自然素材のものなどを選んで、新たな門出を祝いましょう。

緑寿は21世紀のお祝い

21世紀に生まれた緑寿は、まだ他の長寿のお祝いほど浸透してはいませんが、現代社会を反映したお祝いといえます。
古い時代から受け継がれ、地域の風土と結びついた長寿祝いのように、これから先「緑寿」にも様々な時代の意義や意味が盛り込まれていくことでしょう

コミュニケーションのあり方が様々に変化していく中で、年齢を重ねるということの意味や、世代や親子の関わりを考えさせられるのが長寿のお祝いです。
親の定年に新たな門出を祝い、親としてこれから歩んでいく子どもたちにとっては、今後の人生の様々な知恵を受け継いでいく始まりともいえるかもしれません。

日本百貨店協会による単純な語呂合わせで誕生した提案、という商業主義的な側面があるものの、時代の社会背景を鋭く突いた日本の新しい長寿祝いである「緑寿」
歴史を経た数々の長寿祝いがそれぞれの時代の中で生まれ、継承されてきたように、緑寿もまた今の時代に必要な、親子世代が協力して新しい時代を作っていくのにピッタリなお祝いです。

お祝いで家族や知人が集まるのは良いものです。
21世紀に生まれた新たな長寿祝い「緑寿」も、次の世紀へと時を越えて受け継いでいきたいですね。

 

 

緑寿祝いプレゼント特集

緑寿祝いのプレゼントなら「お誕生日新聞」
緑寿のお祝いに66年前の新聞を贈りませんか?
ありきたりなモノでは手に入らない特別な「思い出」を贈りましょう!
1万円以上のご注文で送料無料!
緑寿祝いに喜ばれる!人気商品総合ランキング

 

ページトップへ