喜寿祝いに喜ばれる定番プレゼント

送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!
送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!

お客様サポート

011-522-8289

(平日9:00~17:00)

喜寿祝いに喜ばれる!父(男性)と母(女性)への定番プレゼント5選!

77歳の喜寿のお祝いの席の場で、プレゼントを贈るとより一層感謝の気持ちが伝わりますよ。

しかし、年の離れた方だとどのようなものを喜んでくれるのか、わからないという人も少なくはありません。

そこで今回は男女別におすすめの定番プレゼントとともに、さらに喜ばれる工夫を紹介します。

2019 年に喜寿を迎えるのは満年齢で1942年(昭和17年)生まれの方です。

喜寿とは?

喜寿(きじゅ)祝いは77歳を迎えた人に対して行う長寿のお祝いです。

お祝いの方法に決まりはありませんが、自宅や飲食施設で食事会を開いたり、プレゼントを贈ったりして長寿を祝う家族が目立ちます。

喜寿の由来は、「喜」の字を草書体または略字で書くと、漢数字の七が3つ重なっているように見えるため、77歳を長寿祝いの年に決定したことにあります。

還暦や古希に比べると歴史は新しいですが、一般的にはふたつの長寿祝い同様に、江戸時代に知られるようになりました。

 

詳しくはこちら
喜寿祝いは77歳の長寿祝い!由来や風習・お祝いの仕方やマナーは?

 

お父さん(男性)にオススメのプレゼント5選

喜寿を迎えた男性におすすめの喜寿祝いを5つ紹介します。

 

お酒

お酒好きの男性には、少し高級で希少価値のある日本酒や焼酎を贈ってみてはいかがでしょうか。

オリジナルラベルを貼ってもらうとさらに特別感が増します。ただし、お酒が飲めない人には贈らないように気を付けましょう。

 

湯のみ

歳を重ねると熱いお茶が好きという人が多くなります。

そんなお父さんには湯のみをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?日本でも有名な焼き物の湯のみを選ぶと、高級感が出ておすすめです。

お父さんのイメージに合うデザインを探してみましょう。

 

ハンカチ

ハンカチは何枚持っていても重宝します。

男性の場合、シンプルなデザインのハンカチが多いので、素材にこだわってみてはいかがでしょうか。

シルクのハンカチは上質な手触りが感じられるのでおすすめです。

刺繍を入れてもらうと、さらにプレゼントにふさわしいでしょう。

 

バッグ

本革で作られた高級バッグや、カジュアルシーンで使えるファッションバッグなどバッグを贈り物にする人も少なくありません。

男性の場合、気軽に背負えるボディバッグを選ぶと日常生活の中でも使ってもらえます。

書類や本を持ち運ぶことが多いお父さんには、作りがしっかりしたビジネスバッグがおすすめです。

 

パジャマ

スウェットで寝ているお父さんは多いものですが、上質なパジャマを着ると眠りの質がぐっと良くなります。

通気性がよく、夏でも冬でも快適に着られるパジャマを選ぶと喜ばれます。

お母さんとペアのパジャマを贈るのもいいでしょう。

お母さん(女性)にオススメのプレゼント5選

ここでは、女性に贈ると喜ばれる喜寿祝いを5つ紹介します。

 

プレゼントの定番である花を贈られてイヤがる女性はきっといません。

喜寿のテーマカラーである紫色を中心にした花束やアレンジメントを作ってもらうといいでしょう。

また、最近は、花束よりも長持ちするプリザーブドフラワーも人気です。

通常よりも大きめの花を用意すると、お祝いの席も華やかになるでしょう。

 

詳しくははこちら
喜寿祝い(77歳)に贈りたい!花の定番・オススメ8選!!

 

おしゃれな女性は多いので、洋服を贈ってもきっと喜ばれるはずです。

ただし、洋服は種類が非常に多く、人によって好みも変わってくるので、できればお母さんと一緒に買いに行くことをおすすめします。サイズ違いを起こすこともありません。

華やかなワンピースや、毎日着られるカーディガンなどがプレゼントにはおすすめです。

 

帽子

外出することが多いお母さんには帽子のプレゼントがおすすめです。

頭が熱くなるのを防ぎ、日焼けから肌を守ることができます。

つばの広い帽子はエレガントな印象になるのでプレゼントにぴったりですが、運動が好きなお母さんにはカジュアルなキャップもおすすめです。

 

腕時計

携帯電話やスマートフォンを持っていないお母さんには、すぐに時間を確認できる腕時計を贈ってみてはいかがでしょうか。

かっちりしたデザインのものから、ファッションタイプのものまで女性の腕時計はバリエーション豊富です。

お値段も数千円で購入できるものから10万円以上するものまで幅が広いので、予算に合わせて選びましょう。

 

マフラー

年齢が出やすい首元を隠したいと考える女性は多いものです。

冬にお誕生日を迎えるお母さんには、あたたかくて軽いマフラーをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

軽くて、着けていても快適に感じるカシミア素材のマフラーは定番ですが、人気が高いようです。

いろいろなカラーがあるので、お母さんの好みに合わせて選びましょう。

両親に贈るギフトなら

両親そろって喜寿を迎える場合、一緒に使ってもらえるプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。

 

旅行券

大手旅行会社で使える旅行券や、ホテルの宿泊券は、仲の良い両親への贈り物にぴったりです。

形にはならなくても、旅行という素晴らしい思い出を残すことができるでしょう。

忙しくてお祝いの席をもうけられないという人にもおすすめです。

 

詳しくははこちら
長寿祝いのギフトに「旅行・ツアー」を贈る

 

食事

高級ホテルやレストランで食事ができる食事券もギフトにぴったりです。

忙しくて旅行にはいけないというお父さん・お母さんには気軽に行ける食事券を贈ると喜ばれるでしょう。

温泉旅館の場合、入浴できる施設もあります。

 

カタログギフト

親戚などあまり好みがわからない人へのお祝いには、カタログギフトがおすすめです。

好きなものを選んでもらえるので、失敗がないギフトといえるでしょう。

お祝い品に名入れができると最適

ここまで紹介したギフトの中にはハンカチや腕時計など名入れできるものがあります。

もしできるのであれば、ぜひ名入れをしてもらいましょう。

世界に一つだけしかないギフトになってより一層喜んでもらえるはずです。

 

喜寿祝いの名入れプレゼントなら「お誕生日新聞」
喜寿祝いに喜ばれる!人気商品総合ランキング

 

手作りギフトもおすすめ

お金をかけた高級なプレゼントも素敵ですが、手作りギフトにはお金では買えない味があり、喜んでもらえること請け合いです。

特にお祝いされる本人にお孫さんがいた場合、子ども達に何か作ってもらって渡せば、より一層喜んでもらえるでしょう。

大人が作る場合、フォトフレームやお茶碗などの焼き物、また絵が得意な人には似顔絵もおすすめです。

 

喜寿の祝福メッセージを伝えよう

プレゼントを贈るときにはプラスアルファとして祝福メッセージを添えましょう。

みんなでお祝いする場合、色紙を用意したり、メッセージカードをひとり1枚ずつ書いたりするとよい思い出になります。

直接お祝いの言葉を贈るのが恥ずかしい、という人もこれならば気軽に気持ちを伝えられるでしょう。

 

オススメのページ
喜寿(77歳)のお祝いに喜ばれるメッセージ文例集集

 

喜寿(77歳)の記事一覧へ戻る

この記事をシェアする
B! Hatena  LINE  Pocket 
ページトップへ