職場での長寿祝い!社長や上司に喜ばれる贈り物の選び方

送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!
送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!

お客様サポート

011-522-8289

(平日9:00~17:00)

職場での長寿祝い!社長や上司に喜ばれる贈り物の選び方

公開日:2016年12月27日
最終更新日:2021年3月25日

上司へのプレゼント
現代社会では60歳を過ぎてもまだまだ現役で働き続けている人が多く、普段お世話になっている社長や上司に対し花束や贈り物を用意して、社員みんなで長寿祝いを行う職場もあることでしょう。

ですが、いざプレゼント選びの担当者になると、

「どのようなプレゼントを選ぶと喜んでもらえるんだろう?」
「予算はどのくらいが適切なのかな?」

など、とても頭を悩ませてしまうのではないでしょうか。

今回は、長寿祝い(還暦・古希・傘寿など)を迎える職場の社長や上司に贈る、喜ばれるプレゼント選びのポイントをご紹介いたします。

 

職場での長寿祝いで贈り物を選ぶ際のポイント

趣味・嗜好もよく知っていて気兼ねない間柄である家族とは違い、職場関係、特に上司や上の立場の方への長寿祝いとなると、何を贈ったらよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

現在では、長寿祝いといっても、「伝統的な品物や色の風習にはこだわらず、贈る相手が喜ぶものを」という考え方が一般的なので、何を贈るかは柔軟に考えてかまいません。

とはいえ、職場関係の贈り物については、公私ともに親しい直属の上司でもない限り、好みを把握することは難しいでしょう。

そのような場合は、『日常的に使える物』『実用的な物』という視点で選ぶと失敗が少ないです。

ただし、「苦」や「死」、「老い」を連想させるものは、長寿祝いの贈り物として適切ではないとされています。

また、長寿を迎える方は基本的に目上の方にあたります。

足で踏みつける意味合いになる靴や靴下、勤勉さを表す文具や時計、ビジネスライクなバッグなどは、失礼になる可能性があるため、避けたほうが無難です。

価格の相場としては、贈る側や贈られる側の立場や状況などによってもさまざまですが、一般的には、職場の上司であれば5,000円~1万円程度と言われています。なかでも特にお世話になった方、自分を特別に引き立ててくれた方などの場合は3~5万円を目安に考えるとよいでしょう。
 
 

退職のプレゼントの場合はこちら
退職祝い人気商品総合ランキング

 

【金額別】長寿祝いに喜ばれるおすすめの贈り物

 
以下では、長寿祝いとして、職場の目上の方にも喜んでもらえるおすすめの贈り物を金額別にご紹介していきます。

贈り物を選ぶ際の参考にしてみてください。

 

3,000円〜

花束

一般的に上司への贈り物としては5,000円~1万円程度が相場と言われていますが、そこまで大々的にお祝いを行わず、もう少し予算も控えめにしたい場合は、お花や洋菓子の詰め合わせをチョイスするのがおすすめです。

色とりどりの華やかな花束もよいですが、珍しい色合いの胡蝶蘭やバラなども喜ばれます。

長く記念品として残るように生花ではなく、プリザーブドフラワーやハーバリウムを贈る方や、植物を育てることが好きな上司に対しては、鉢植えやミニ盆栽などを贈る方もいます。
特にプリザーブドフラワーは色鮮やかなものも多く、水やりなども不要なため、プレゼントとして定番となっています。

定番の洋菓子は、個包装で日持ちする物を選ぶと相手の負担になりにくく、喜ばれることでしょう。

もし、洋菓子以外の食べ物をチョイスするのであれば、お酒が好きな方であれば特定の産地でしか作られないビールや高級なおつまみなど、普段自分では購入しないような、少し変わったものを選ぶと楽しんでもらえます。

また、洋菓子などの甘いものが苦手な男性の場合も、おせんべいやおかきなど塩気のあるお菓子であれば好きな方はいらっしゃいますので、相手の年齢などを考慮して選んでみるとよいのではないでしょうか。

 

5,000円〜

 

ペアコーヒーカップ

 

5,000円~の価格帯であれば、ペアで使えるティーカップ、タンブラー類、酒器などの食器類はいかがでしょうか?
お店によっては名入れのサービスを行っていることもありますので、他にはないオンリーワンの贈り物として、とても喜ばれます。

他には、趣味用品もおすすめです。

お料理好きな方であれば本場のオリーブオイルのセットや長く使える上質な調理器具、ゴルフが好きな方には名入りゴルフボール…というように、相手の趣味に合わせたグッズを選ぶのも良いでしょう。趣味を楽しむことは日々の活力にも繋がりますので、「オンオフ共に充実した生活を送り、いつまでも元気でいてもらいたい」という気持ちがよく伝わります。

また、女性で美容への関心が強い方であれば、スキンケアアイテムを贈ることもできます。

化粧水や乳液などはすでに愛用品がある可能性が高いため、クリームや美容オイルなどのハンドケア、フットケア用品から選んでみるのはいかがでしょうか。

男性であれば、普段使いができるタオルなどがおすすめです。

特に、愛媛県を産地とする伝統的な今治タオルは、贈り物として人気が高い商品です。
今治タオルは色や柄なども豊富に種類があり、上質で肌触りもよいため、幅広い年代・性別の方から支持されています。

 

1~3万円

ワイン

1~3万円の価格帯で、尚且つお酒好きな方であれば、高級な日本酒やワイン、焼酎やウイスキーなどを送るのがおすすめです。
予算に少し余裕があれば、お酒をよりおいしくいただけるおしゃれで高級感のある切子のグラスなども合わせて送ると喜ばれるでしょう。

お酒の他に、この価格帯で「女性がもらってうれしい贈り物」としてよく上位にランクインするものが、ストールなどのファッション小物やアクセサリー、バッグ、財布などです。

相手の好みがある程度把握できているのであれば、ワンポイントとして、還暦祝いなら赤色、古希祝いなら紫色…というように、それぞれの長寿祝いの歳を象徴するテーマカラーが入ったものを織り交ぜて選んでみるのも素敵ですね。

相手の好みが分からない場合は、オシャレなティーカップと上質な紅茶の茶葉、紅茶によく合う上品なお菓子などをセットにして、1万円程度の贈り物にするとよいでしょう。

男性であれば、マッサージチェアや上質な寝具、普段使いできる凝ったデザインの湯呑みなどがおすすめです。
普段忙しく働いている方への贈り物は、自宅でのんびりと癒やされ、リラックスできる時間で役立つようなアイテムを選んでみてはいかがでしょうか。

 

3万円以上

旅行券

3万円以上の高額になると定番の贈り物は旅行券などですが、基本的には、目上の方に対して現金やギフト券、旅行券など、金額が分かってしまうものを贈ることは適切でないとされています。

しかし現在では、このようなしきたりを気にされる方のほうが少なくなっている傾向にあり、相手がご夫婦でよくお出かけされる方などであれば、旅行券は大変喜ばれる贈り物になるため、選択肢のひとつとして考えてもよさそうです。

また、ご家族や親戚と行う長寿のお祝いとは別に、職場関係で相手にゆかりのある親しい人や大切な人を呼び、食事会を開く方法もおすすめです。
その際はちゃんちゃんこを着てもらい、みんなで記念撮影…というのも、定番ではありますが良い記念となります。

「ちゃんちゃんこはちょっと恥ずかしいな」という方には、長寿祝いの歳を象徴するカラーが入った服や小物などを身につけてもらうといいでしょう。
 
 

長寿祝いのイメージカラーはこちらから確認!
今年長寿祝いを迎える人の年齢は?昭和何年生まれの人?

 
 

ビジネスシーンの贈り物には「お誕生日新聞」!

長く一緒の時間を過ごしている家族とは違い、職場関係の人の長寿祝いとなると、何を贈ったらよいのか悩みますよね。

その際におすすめしたいのが「お誕生日新聞」です。

誕生日や結婚記念日などの“人生の門出”ともいえる日の新聞をプレゼントすることができます。

「モノ」ではない「思い出」を贈れるサプライズ感を演出でき、特に普段から新聞を読まれる方にはとても喜ばれるアイテムです。
 

いつもと違うプレゼント「お誕生日新聞」がおすすめ!

「お誕生日新聞」とは、大切な方の生まれた日や二十歳の年、結婚式の日などの思い出の日の新聞を”大切な思い出”とともに贈ることができる、唯一無二のギフト商品です。

年齢性別問わず皆さまで楽しんでいただける、オンラインだけでしか買うことのできない、大変めずらしい贈り物です。

当時の紙面から伝わるこれまで生きてきた時代。

小さい頃の思い出、青春時代の思い出、二十歳の時の思い出、結婚した時の思い出など…
お誕生日新聞をめくる度によみがえる思い出。
今まで聞くことがなかった当時の楽しいお話が聞けるかもしれません。

大切な方へ、感動を贈る特別なギフト
昔の新聞ギフトショップ「お誕生日新聞」はこちらから

こちらの商品もオススメです

この記事をシェアする
B! Hatena  LINE  Pocket 
ページトップへ