結婚15周年「水晶婚式」の由来や意味は?水晶婚式のお祝いに喜ばれるプレゼント5選!!

送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!
メニュー
送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!

結婚15周年「水晶婚式」の由来や意味は?水晶婚式のお祝いに喜ばれるプレゼント5選!!

公開日:2019年9月4日
最終更新日:2022年9月16日

食事をする夫婦

水晶婚式は結婚15周年となる結婚記念日です。

お祝いの仕方に決まりはありませんが、せっかく節目の年となるため、できればプレゼントを贈り合ってお祝いをしましょう。

今回は水晶婚式におすすめのプレゼントを紹介します。

近いうちに結婚15周年を迎えるご夫婦はぜひ参考にしてくださいね。

 

今年2022年に結婚15周年を迎えるのは2007年(平成19年)に結婚した夫婦です。

 

 

水晶婚式の由来と意味

結婚指輪
 
結婚記念日はイギリス発祥であり、日本には明治時代に入ってきたとされています。

日本では50周年の金婚式や60周年のダイヤモンド婚式までお祝いする夫婦が多いようです。

水晶婚式を行う15周年までは、1年ごとに結婚記念日の名称が決められていますが、それ以降は5年ごととなります。

つまり水晶婚式はひとつの区切りと言えるでしょう。

それならば後悔しないようにお祝いをしておきたいものですね。

水晶婚式は水晶のようにくもりのない、夫婦の信頼関係を願って名付けられました。

水晶にちなんだ贈り物をすると、夫婦の仲が一層深まりそうですね。

 

15周年の結婚記念日に喜ばれるプレゼント5選

15周年の結婚記念日におすすめのプレゼントを紹介します。

形に残るものから思い出に残るものまで、さまざまなプレゼントがそろっています。

 

(1)水晶

ピアス
 
水晶婚式の名称にちなんで、水晶の贈り物をしてみてはいかがでしょうか。

パワーストーンとしても有名な水晶は、クリスタルとも呼ばれ、一般的にも高い認知度を誇っています。

無色透明で不純物がないその輝きは、まるで二人の夫婦仲を表しているかのよう。

美しい球形のものや、クラスターと呼ばれる自然の風合いを楽しめるものなど、置物やインテリアとしても楽しめる水晶がたくさんあります。

大きさも様々なので、予算やお部屋の雰囲気によってぴったりのアイテムを選ぶことができるでしょう。

水晶には精神を安定させる作用があると言われているので、ひとつ持っていることで心を落ち着けられるかもしれません。
 
 

(2)アクセサリー

ネックレス
 
女性に人気のアクセサリーは、記念日のプレゼントにぴったり。

水晶のインテリアは少しハードルが高いかもという方は水晶付きのネックレスやピアスなどをチョイスすると、水晶婚式の良い思い出になります。

華やかなデザインが好きな方は、台座やチェーンに装飾が多いものを選ぶと素敵です。

もし、男性にアクセサリー類を贈るときはネックレスよりも身に着けやすい、ブレスレットなどを選ぶといいでしょう。

シンプルなデザインのネクタイピンやカフスボタンなど、ビジネスやフォーマルなシーンでも活躍するアイテムもおすすめです。

これまで結婚指輪を大切にしてきた方は、水晶婚式を機に新しいリングをペアでそろえてみてはいかがでしょうか。

15年という長い年月を一緒に歩んでくると、やはりどれだけ大切に扱っても変色や小さな傷などは発生してしまいます。

そのため、節目の年を機会とし、現在の好みにあったデザインやサイズ感・今までの結婚指輪と一緒に重ねづけできるようなタイプのものなど、新しくペアリングを購入されるご夫婦は多いです。

結婚記念日をリングの内側に彫ってもらうと、世界にひとつしかないオリジナルリングになります。

 
 

(3)時計

ペアウォッチ
 
15年目の節目となる水晶婚式には、時計を贈り合うのもおすすめです。

「これからも二人で同じ時間を刻んでいきたい」という気持ちを表現することができます。

特に、クオーツ時計の「クオーツ」とは水晶のことなので、水晶婚式にちなんだものとしてはぴったりではないでしょうか。

また、裏面部分に名入れなどを行ってくれる店もあるので、日付や名前などの加工を施すと、高級感と特別感が同時に感じられるアイテムになります。

ペアウォッチにすると、お互いの大切さや絆を再確認できますね。

その場合は、男女どちらが持っても違和感のないデザインの時計を選ぶのがおすすめです。
 
 

(4)花束

赤いバラの花束
 
特別なお祝いの定番である「花束」。

男性から女性にプレゼントを贈るときに、花束があると気持ちが盛り上がります。

「愛情」「感謝」などの花言葉を持つ赤いバラやカーネーション、また妻の美しさをたたえるトルコキキョウなどがおすすめ。
自分で花言葉を調べて選ぶというのも、相手を想う気持ちが伝わるためとても素敵です。

花束は、他のプレゼントと一緒に渡すとさらに喜ばれるでしょう。

また、花束だけでなくプリザーブドフラワーやフラワーアレンジメントも人気なので、予算とサイズ感なども考えて選んでみてはいかがでしょうか。
 
 

こちらのページもおすすめです
結婚記念日に喜ばれる花特集!定番10種類の花と贈り方の基礎知識

 

(5)特別なディナー&メッセージ

テーブルセット
 
結婚記念日には、普段はちょっと敷居の高いレストランや料亭でディナーをしてみませんか。
ホテルや旅館の日帰り利用もおすすめです。

シャンパンやワインなどちょっといいお酒を用意してもらうと、さらに特別感を演出できます。

記念日プランのある施設は、サプライズにも協力してくれることが多くおすすめです。

サプライズの際は、普段は言葉で伝えられない感謝の気持ちや愛の言葉を手紙に記して添えてみましょう。

文章が苦手な人でも、気持ちを込めて書いた手紙はきっと相手の心に響くはずです。
おしゃれなレターセットを選ぶと、より見栄えが良いプレゼントになることでしょう。

こちらでは、いくつか文例をご紹介いたします。

——————————————————

〇〇へ
いつもありがとう。
結婚15周年、何もできなかったけど...。
毎日がとても幸せです。
これからも仲良くずっと一緒にいようね。

——————————————————

——————————————————

出逢って、恋して、ケンカして、仲直りして
そして、結婚してくれてありがとう。
あなたがそばにいてくれるだけで幸せです。
毎日たくさんの愛をありがとう。
これからもよろしくね。

——————————————————

——————————————————

〇さんへ
15回目の結婚記念日。
二人で築いてきた15年間を大切に。
幸せいっぱいの家族でいられますように。
これからもよろしくね。

——————————————————

 

こちらのページもおすすめです
結婚記念日に喜ばれるメッセージ文例集

 

 

いつもと違うプレゼントで特別感を演出。
大切な思い出を贈る「お誕生日新聞」がオススメ。

お誕生日新聞

せっかく結婚記念日のプレゼントをするなら、喜ばれるモノを贈りたいですよね?
でも、いざ探してみると何を選んだらよいかわからず、悩んでしまうものです...

そんなとき昔の新聞ギフト「お誕生日新聞」が大変喜ばれています。

「お誕生日新聞」とは、昔の新聞の一面とテレビ面を上質紙に両面印刷した商品。
一枚ものから製本、パズルなど種類も豊富。

完全オーダーメイドとなっており、結婚式当日はもちろん、毎年の結婚記念日に発行された新聞を自由に選んでいただけるスペシャルなギフトなのです。

朝から慌ただしくて新聞をみているヒマもなかった、結婚式当日。
その日にもいろんなニュースがありました。

「そういえば、この年にこんなニュースがあったね!」
「当日は大雪が降っていたよね」と、

当時の紙面から日頃忘れていたなつかしい思い出がよみがえり、皆さんでとても楽しいひと時を過ごしたと喜びの声をいただいております。

ありきたりなモノではない「かけがえのない思い出」を贈れる、世界でひとつの贈り物。
この大切な結婚記念日に「お誕生日新聞」を囲んで、これまで共に歩んできた思い出をゆっくりと振り返ってみませんか。

 

水晶婚式祝いのプレゼントなら「お誕生日新聞」
水晶婚式(15周年)祝いのプレゼントにピッタリ!人気商品ランキング

 

\結婚年数別オススメ商品ランキング/

紙婚式(1周年) 綿婚式(2周年) 革婚式(3周年) 花実婚式(4周年)
木婚式(5周年) 鉄婚式(6周年) 銅婚式(7周年) ゴム婚式(8周年)
陶器婚式(9周年) 錫・アルミ婚式(10周年) 鋼鉄婚式(11周年) 絹・麻婚式(12周年)
レース婚式(13周年) 象牙婚式(14周年) 水晶婚式(15周年) 磁器婚式(20周年)
銀婚式(25周年) 真珠婚式(30周年) 珊瑚婚式(35周年) ルビー婚式(40周年)
サファイア婚式(45周年) 金婚式(50周年) エメラルド婚式(55周年) ダイヤモンド婚式(60周年)

 

 

予算の相場は?

予算
 
水晶婚の予算は3,000円~1万円前後で用意する方が多いようです。

ですが、ある程度しっかりしたプレゼントを贈りたいようでしたら、1人あたり5万円程度の予算で見ておくといいでしょう。

ただし、水晶婚式の予算は夫婦によっても異なります。

お互いの気持ちの温度差が出るとガッカリしてしまうので、あらかじめ話し合って決めておくとよいでしょう。
  

結婚15周年で離婚が多いって本当?

悲しそうな男性
 
結婚して15年も経てば夫婦仲も落ち着いているのではと考える人も多いでしょう。

しかし、平成27年度の厚生労働省の調査によると、婚姻期間10~20年の間に離婚している夫婦は全体の25%にも達することがわかっています。

結婚15年となると、子どももある程度成長していて夫婦の関係を見直す人が多くなってくるようです。

多くの場合、パートナーに対する不満は、日常の中で少しずつたまっていくものです。

たまった鬱憤が爆発することがないように、普段からきちんとパートナーとのコミュニケーションを取り、感謝の気持ちを忘れずに持ち続けることが大切なのではないでしょうか。

水晶婚式はお互いの大切さや感謝の気持ちを伝えられる、絶好のタイミングです。

これまで結婚記念日のお祝いをしてこなかった人も、ぜひ水晶婚式を取り入れてみてください。

    

こちらの商品もオススメです

この記事をシェアする
B! Hatena  LINE  Pocket 
ページトップへ