結婚50周年!金婚式の由来や風習を知り、みんなで祝おう

送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!
送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!

お客様サポート

011-522-8289

(平日9:00~17:00)

金婚式(50周年)の由来・風習の基礎知識と喜ばれるプレゼント5選

金婚式(きんこんしき)とは、結婚50周年を祝う、結婚記念日の名称の1つです。
このページでは金婚式の由来や風習をご紹介します。

記念日

金婚式の由来

金婚式とは、結婚50年目を祝う、結婚記念日の名称の1つです。
結婚記念日を祝う風習がはじまったのはイギリスで、日本へと伝わったのは明治の頃だといわれています。

もともと「家」同士のつながりを重んじる文化があった日本では、夫婦2人の記念日が祝われることはありませんでした。
しかし、1894年(明治27年)、当時の天皇が「大婚二十五年祝典」として銀婚式を盛大に祝ったことをきっかけに、民衆の間でも結婚記念日を祝う習慣が一般的になりました。

当時有名になったのは銀婚式でしたが、銀婚式の2倍である50年目の金婚式も、人生の節目のお祝いとして、銀婚式とともに広まっていったようです。
現在では、銀婚式よりも金婚式を盛大に祝う方のほうが増えています


金婚式プレゼント特集

 

結婚記念日には、それぞれに夫婦の関係を表す意味があります。

金婚式は、光り輝く黄金のような豊かな関係を表し、2人で過ごしてきた長い年月を尊いものと考える意味が込められています。

リング

50年といえば、半世紀。

孫はもちろん、ひ孫がいらっしゃるご夫婦もいることでしょう。本当に長い年月を、1人の方と添い遂げてこられたことになります。

日本人の平均寿命は、男性で80.79歳、女性で87.05歳(平成27年現在)です。

晩婚化が進んでいること、結婚をしない人が増えていることを考えると、金婚式を迎えられるご夫婦は今後少なくなってくることが予想されます。

まさしく黄金の輝きのように、大変価値があることなのです。
2人で積み重ねてきた年月に、そして、お互いが一緒にいるための努力を怠らなかったことに、尊敬の意も込めて、ぜひ盛大に金婚式を祝っていただければと思います。

 

詳しくはこちら ⇒日本人の平均寿命はこうして移り変わった!

金婚式の風習

家族

日本で広く知られているのは結婚25年目の銀婚式と50年目の金婚式ですが、銀婚式と金婚式の間、そして金婚式以降にも、年数ごとに名称がつけられた記念日があります。

<結婚記念日の一覧>

紙婚式(1周年) 綿婚式(2周年) 革婚式(3周年) 花実婚式(4周年)
木婚式(5周年) 鉄婚式(6周年) 銅婚式(7周年) ゴム婚式(8周年)
陶器婚式(9周年) 錫・アルミ婚式(10周年) 鋼鉄婚式(11周年) 絹・麻婚式(12周年)
レース婚式(13周年) 象牙婚式(14周年) 水晶婚式(15周年) 磁器婚式(20周年)
銀婚式(25周年) 真珠婚式(30周年) 珊瑚婚式(35周年) ルビー婚式(40周年)
サファイア婚式(45周年) 金婚式(50周年) エメラルド婚式(55周年) ダイヤモンド婚式(60周年)

25年目の銀婚式以前にも記念日はあるのですが、銀婚式以降は上記のとおり、宝石をシンボルとする名称がつけられています。

年数を経るごとにより高価な宝石へと移り変わっていきますが、これは、夫婦の絆が年を重ねるごとに深く固いものになり、より尊い関係になっていくことを表しています。

ちなみに、珊瑚というと海岸などで見かける白い珊瑚礁を思い浮かべる方が多いと思いますが、宝石としてのサンゴは、珊瑚虫(さんごちゅう)と呼ばれる動物から作られる装飾品です。

色はオレンジに近い、深めの赤色をしているのが特徴です。

1cmの大きさまで育つのに50年近くかかるものもあり、35年目の結婚記念日は、そうした長い年月をかけて生み出される美しい宝石になぞらえたのかもしれません。

金婚式の由来

【金婚式祝い】結婚記念日からの50年分のお誕生日新聞セット (0周年、1周年、2周年・・・49周年)はこちら

 

結婚記念日が生まれたイギリスをはじめするヨーロッパでは、銀婚式以降、それぞれの記念日にちなんだ宝石を夫婦で贈り合う風習があります。

そのため金婚式では、ゴールドのアクセサリーを贈るのが一般的です。

また、金を用いた食器類をプレゼントする場合もあるそうです。

日本でも海外の風習に倣い、ゴールドのアクセサリーやお互いの名前を刻んだ金の杯、金の刺しゅうを施したプレゼントを贈り合う風習があります。

また日本では、結婚50年目の金婚式を人生の節目として、家族や親戚、親しい人たちなどと一緒に盛大に祝う風習があります

金婚式の場合は、記念日を迎えるご夫婦というより、その子どもや孫が中心となって、周りの人たちがお祝いの会を開きます。

式を挙げた2人の思い出の結婚式場を貸し切って、豪勢な食事会を開いたり、ご家族そろっての旅行を計画されたりする方も多いようです。

金婚式に喜ばれるプレゼント5選

結婚50年目を迎えた夫婦には、いつもよりも豪華なプレゼントを贈って祝福の気持ちを表しましょう。

ここでは金婚式にぴったりなプレゼントを5つ紹介します。

 

旅行券

温泉旅行

夫婦水入らずで旅行を楽しんでもらえるように、旅行券を贈ってみてはいかがでしょうか。

JTBやKNTなど大手旅行会社では、その会社で使える旅行券を販売しているので、予算に合わせて購入してみるといいでしょう。

たいていの旅館・ホテルは1人1泊最低でも1万円はするため、2~3万円を最低予算として見ておくことをおすすめします。

兄弟・姉妹や親せきで一緒に旅行券を贈ると、豪華な旅行をプレゼントできるでしょう。

また、家族みんなで旅行を企画するのも名案です。その場合は、お祝いされる人の旅費はこちらで負担するのが一般的です。

 

ペアグラス

ペアグラス

定番ですが夫婦おそろいのペアグラスもおすすめです。毎日使ってもらうことができるので、贈りがいのあるプレゼントといえるでしょう。

お酒が好きな夫婦であれば、ワイングラスやビールグラスがぴったりです。

また、高級感のあるものを選びたいと考えている人には、江戸切子がおすすめ

繊細なガラス細工製品の江戸切子からは高級感を感じられるでしょう。

名前を入れてくれるサービスもあるのでぜひ利用してみてください。

予算はひとつ3,000~1万円程度です。

 

お誕生日新聞

「お誕生日新聞」をご存じですか?

お誕生日新聞とは誕生日や記念日当時の新聞を購入できるサービスです。長寿祝いや同窓会で利用されることが多いお誕生日新聞ですが、金婚式のプレゼントにもぴったり。

結婚式当日や入籍日の新聞を取り寄せて、家族全員で当時の思い出を懐かしんでみてはいかがでしょうか

過去の新聞記事や広告、テレビ欄などで懐かしい記憶が蘇り、思い出話に花が咲き、きっと素晴らしいひと時を過ごせるでしょう。

金婚式記念日セットなら、今までの結婚記念日に発行された新聞(一面・テレビ面など)の50ページ分を1冊の製本にし、豪華な桐箱に入れお届け致します。

金婚式記念日セットはこちらから⇒お誕生日新聞オンラインショップ

 

 

花束

 

お祝いする人の好みに合うプレゼントが思い浮かばずに困っている人は、大定番のお花を選んでみてはいかがでしょうか。

お祝いされる夫婦の好きな花や、「感謝」「愛情」などを花言葉に持つ花を選ぶといいでしょう。

また、最近は、花束よりも長持ちするプリザーブドフラワーも人気があるので、いろいろ比べてみてはいかがでしょうか。

「金婚式」にちなんだ黄色のお花が人気です。

5,000~1万円を予算として見ておくと、華やかな花束ができあがるでしょう。

 

カタログギフト

趣味や好みがわからない夫婦にプレゼントを贈る際は、カタログギフトが無難です。

さまざまな品目の中から好きなものを選んでもらえるため、まず失敗はないでしょう。

予算やテーマに合わせてカタログギフトをチョイスすることをおすすめします。グルメや旅行をテーマにしたカタログなどもありますよ。

3,000円程度のカタログから、2万円近いカタログまで種類豊富です。

 

金婚式プレゼント特集 金婚式のプレゼントにオススメ!「お誕生日新聞」
2人が結婚した日に発行された新聞を見てみませんか?
50年分の歴史を贈るプレゼントとして喜ばれております。
金婚式(50周年)祝いに喜ばれる!人気商品総合ランキング

孫からの手作りプレゼントも喜ばれる!

お金をかけた高級なプレゼントもすてきですが、手作りプレゼントにはお金では買えない味があって、きっと喜んでもらえるでしょう。

お祝いされる本人にお孫さんがいる場合、その子どもたちに何かを作ってもらって渡せば、さらに喜ぶはずです。

ここでは人気の孫からの手作りプレゼントを紹介します。

 

似顔絵

似顔絵は孫からの手作りプレゼントの定番ですが、それでもやはり子どもたちが心を込めて描いた絵はおじいちゃん、おばあちゃんに喜んでもらえるでしょう。

絵のうまい、へたは関係ありません。色とりどりのクレヨンや絵の具を使って描かれた似顔絵は、きっと宝物になるはずです。

 

メッセージカード

シンプルでありながらも気持ちのこもったメッセージカードも、お祝いされる側から喜ばれるプレゼントです。

孫ひとりひとりにカードを書いてもらうのもいいですし、色紙にみんなで寄せ書きし合うのもいいでしょう。

おしゃれなカードを使ったり、色紙に飾り付けたりすればプレゼントらしくなります。

 

お手伝い券

肩たたき券と同じくらい定番のお手伝い券ですが、やはり孫からの手作りプレゼントとして人気があります。

おじいちゃん、おばあちゃんも「お手伝いをしてもらえることがうれしい」ということよりも、「お手伝いを通じて孫たちと触れ合える時間ができることがうれしい」という気分になるのではないでしょうか。

お金がかからないため、予算が限られている人や欲しいものがわからないという人におすすめです。

こちらもメッセージカードと同じ様に、おしゃれな用紙に書くとプレゼントらしくなります。

 

 

金婚式プレゼント特集 金婚式のプレゼントにオススメ!「お誕生日新聞」
2人が結婚した日に発行された新聞を見てみませんか?
50年分の歴史を贈るプレゼントとして喜ばれております。
金婚式(50周年)祝いに喜ばれる!人気商品総合ランキング

この記事をシェアする
B! Hatena  LINE  Pocket 
ページトップへ