百寿(ひゃくじゅ)とは?基礎知識とお祝い方法、人気のプレゼント

送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!
送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!

お客様サポート

011-522-8289

(平日9:00~17:00)

百寿(ひゃくじゅ)とは?基礎知識とお祝い方法、人気のプレゼントをご紹介

100歳の長寿のお祝いは百寿(ひゃくじゅ・ももじゅ)と呼ばれています。

また、「紀寿(きじゅ)」といわれることもあります。

高齢化社会とはいえ、100歳の誕生日を迎えられる人はかなり限られてくるため、大変めでたいお祝いといえるでしょう。

今回は百寿祝いの基礎知識とお祝い方法、人気のプレゼントを紹介します。

 

2019 年に百寿を迎えるのは満年齢で1919年(大正8年)生まれの方です。

百寿とは?

ここでは2018年に百寿を迎える人の紹介から百寿の由来、風習、色を紹介します。

2019年に百寿を迎える人

長寿祝いの数え方には満年齢を基準としたものと、数え年を基準にしたものの2つがあります。

満年齢とは生まれた年を0年(0歳)とし、現時点までの時間を表したもので、最も一般的な年齢の数え方です。

2000年に生まれ、2018年に誕生日を迎える人は18歳ということになります。

対する数え年とは、生まれた時点の年齢を1歳とし、それ以後は元旦のたびに1歳を加算して歳を数える方法です。

数え年では、その年の誕生日を迎えていない人は「満年齢+2歳」、迎えている人は「満年齢+1歳」で数えるため、少し複雑といえるでしょう。

2019年に百寿を迎える方は、満年齢でお祝いする場合1919年(大正8年) 、数え年では1920年(大正9年)です。

 

長寿祝いの早見表
今年(2019年)に長寿祝いを迎える人の西暦・和暦は?


今年に長寿祝いを迎えるは何年生まれの人?

 

由来と意味

 

「百寿」の名前の由来は文字通りで「百歳を迎えたおめでたい年」ということで設定されました。

99歳の白寿よりも後にできたと一般的に言われていますが、中国には1100年以上前から100個の「寿」を各種の書体を使って書き表した「百寿図」というものがあります。

それを長寿のお祝いとしていたため、100歳をお祝いする風習はずっと以前からあったといえるでしょう。

長寿祝いは室町時代頃から始まったとされていますが、庶民に定着したのは江戸時代といわれています。

当時は100歳まで生きる人が大変珍しかったため、白寿や百寿のお祝いがされることはほとんどありませんでした。

 

風習、色は?

還暦や古希は室町時代にはじまり、のちに白寿・百寿も加わったとされています。

還暦や古希は中国発祥であるため、地域によるお祝いの風習に大きな違いはありません。

お祝いされる人がちゃんちゃんこを着たり、親族が食事会を開いたりしてお祝いするのが一般的なお祝いのスタイルです。

百寿のテーマカラーは白寿と同様に白色、または百が「もも」と読めることから桃色とされています。

白やピンクのプレゼントを贈ると喜ばれるでしょう。

百寿にオススメのプレゼント3選

ここでは百寿祝いにオススメのプレゼントを3つ紹介します。

 

花束

プレゼントの定番である花ですが、やはり贈られるとうれしいものです。

百寿祝いのテーマカラーである白色やピンク色を中心にしたバラの花束を花屋さんに作ってもらうといいでしょう。

また、最近は、花束よりも長持ちするプリザーブドフラワーもアレンジメントになるものの人気が高いようです。

 

お誕生日新聞

「お誕生日新聞」とは、生まれた日や記念日当時の新聞を購入できるシステムです。

お祝いする本人の生年月日や結婚記念日に発行された新聞を取り寄せて、家族みんなで昔を懐かしんでみてはいかがでしょうか。

思い出話に花が咲いて、きっと素晴らしいひと時を楽しめるでしょう。

 

百寿祝いのプレゼントなら「お誕生日新聞」
百寿祝いに喜ばれる!人気商品総合ランキング

 

久保田の百酒(日本酒)

お酒好きの男性へのプレゼントとしておすすめしたいのが、「クボタの百酒」

新潟の蔵元でつくられたお酒は名前からして百寿のプレゼントにぴったりです。

スッキリとしながらも柔らかさもあるお酒で、飲みやすいといえるでしょう。

ひ孫の手作りプレゼントも喜ばれる

お金をかけた高級なプレゼントも素敵ですが、手作りギフトにはお金では買えない味があり、喜んでもらえること請け合いです。

特に、現在百寿を迎える年齢となってくると物欲もなくなってくるため、高級なものよりも心のこもった手作りプレゼントの方が喜んでくれるのかもしれません。

お祝いされる本人にひ孫がいる場合、ひ孫達に何か作ってもらって渡せば、より一層喜んでもらえるでしょう。

似顔絵やフォトフレーム、長寿を讃える表彰状などは比較的簡単で、お金もさほどかからないためおすすめです。

百寿のお祝いのポイントは?

百寿のお祝いでプレゼントを贈る際には、親族ともよく相談して予算を決めましょう。

お祝いする人との関係にもよりますが、祖父母である場合1万円前後が相場とされています。

また、金額以外にも気を配らなければならない点はいくつかあります。

 

お祝いの開催は体調を考慮することが大切

100歳ともなれば、体力が衰え、体調がすぐれないという人も多いでしょう。

旅行など外出してお祝い事をするのも素敵ですが、お祝いする人の体調を考えないのは、やや配慮の足りない行為です。

お祝いする人の体調を考慮した上で、いつどのようなお祝いをすればいいのかを考えましょう。

 

物だけではなく労いの言葉が喜ばれる

百寿を迎える年になると、物欲がないという人が多いようです。

プレゼントも素敵ですが、それだけではなく労いの言葉を添えたメッセージを送ることで、より一層喜んでもらえるでしょう。

みんなでお祝いする場合、色紙を用意したり、メッセージカードをひとり1枚ずつ書いたりするとよい思い出になります。

直接お祝いの言葉を送るのが恥ずかしい、という人もこれならば気持ちを伝えられるでしょう。

 

オススメのページ
百寿(100歳)のお祝いに喜ばれるメッセージ文例集

 

将来は「百寿者」の人口が増える?

 

医学の進歩により、日本人の平均寿命は年々高まっています。

百寿を迎える人も増えてきていますが、それでも百歳以上の人(センテナリアン)はわずか1000人に1人といわれています。

115歳以上になると非常に稀有な存在のようです。

それくらい百寿は珍しいものなので、感謝と労いの気持ちをめいっぱい込めてお祝いしましょう!

 

詳しくはこちら ⇒日本人の平均寿命はこうして移り変わった!

 

 

百寿祝いのプレゼントなら「お誕生日新聞」
百寿のお祝いに100年前の新聞を贈りませんか?
ありきたりなモノでは手に入らない特別な「思い出」を贈りましょう!
1万円以上のご注文で送料無料!
百寿祝いに100年前の新聞を贈る!人気商品総合ランキング

 

百寿(100歳)の記事一覧へ戻る

この記事をシェアする
B! Hatena  LINE  Pocket 
ページトップへ