還暦祝いに喜ばれる!男性・女性・両親別の定番プレゼント

送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!
送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!

お客様サポート

011-522-8289

(平日9:00~17:00)

還暦祝いに喜ばれる!男性・女性・両親別の定番プレゼント5選!

60歳の還暦祝いはお祝いされる人にとっては、初めての長寿祝い。
なるべく盛大に祝ってあげたいものですね!食事会や旅行も素敵ですが、記念に残るプレゼントも一緒に贈ってみてはいかがでしょうか?

今回は男性、女性、そして両親に贈りたい定番のプレゼントをそれぞれ5つ紹介します。

還暦祝いとは?

 

2019 年に還暦を迎えるのは満年齢で1959年(昭和34年)生まれの方です。

還暦(かんれき)祝いとは、60歳の誕生日をお祝いする長寿祝いです。
初めての長寿祝いに当たるため、知名度が高く、盛大にお祝いする人が目立ちます。

60歳になると生まれた年の干支に戻ることから「還(る)暦」という意味で、「還暦」と名付けられました。
「本卦還り(ほんけがえり)」と呼ばれることもあり、生まれ変わる年という考えもあります。
そんな還暦祝いのテーマカラーは赤と決まっています。赤には魔除けの効果があるとされていて、赤を基調にしたプレゼントが贈られることが多いようです。

 

詳しくはこちら

還暦祝いは60歳の長寿祝い!由来・風習・服装など気を付けたいマナー

男性への定番プレゼント5選

ここでは男性に贈りたい定番のプレゼントを5つ紹介します。

 

お酒

お酒好きの男性には、少し高級で希少価値のある日本酒やウイスキー、ワインなどのお酒を贈ってみてはいかがでしょうか。

オリジナルラベルを貼ってもらうとさらに特別感が増します
ただし、お酒の飲めない方には贈らないように気を付けましょう。

 

趣味のグッズ

スポーツが好きな男性にはスポーツ用品、釣りが好きな男性にはルアーなど。
趣味のグッズをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

実用的ですし、少し高価なものを選ぶと特別感が出てきっと喜んでもらえるはずです。
趣味に通じていないとわからないこともあるので、事前に欲しいものを聞いておくといいでしょう。

 

Tシャツ

日常生活で大活躍してくれるTシャツは、プレゼントにぴったり!
襟が整った仕立てのいいパリッとしたTシャツを選ぶと、カジュアルスタイルもかっこよく決まります。

Tシャツはカラーバリエーション豊富でどれにしようか悩んでしまいそうですが、還暦にちなんだ赤色のTシャツにしてみてはいかがでしょうか?
オリジナルのTシャツを制作してくれるお店もあるので、特別感を演出したい人はオーダーしてみると良いでしょう。

 

赤いパンツ

Tシャツとセットで贈りたいのが、赤いパンツです。
赤い下着は健康にいいと言われているので、お祝いする男性の健康を願う意味で贈ってみてはいかがでしょうか。
還暦のテーマカラーにも合っていておすすめです。

 

セーター

冬に還暦祝いを行う際には、Tシャツよりもセーターの方が季節に合っていて喜ばれるのかもしれませんね。
カシミアなど高級感のある素材のセーターを贈ると、高級感が出てお祝いにぴったりです。
こちらも還暦にちなんで赤色のものを選んでみてはいかがでしょうか。
 

女性への定番プレゼント5選

ここからは女性に贈りたい定番のプレゼントを5つ紹介します。

 

花束

プレゼントの定番である花を贈られてイヤがる女性はきっといません。
還暦のテーマカラーである赤色のバラの花束やアレンジメントを作ってもらうといいでしょう。
また、最近は、花束よりも長持ちするプリザーブドフラワーも人気です。大きな花束を作ってもらうと、お祝いの席もぱっと明るくなります。

 

エプロン

料理好きの女性にはエプロンがおすすめです。
何枚あっても役に立つエプロンは実用的ですし、おしゃれなデザインのものを選ぶと特別感があります
お祝いする人の好みを考えて選ぶといいでしょう。

 

お菓子

甘いものが好きな女性にはケーキやクッキーなどのお菓子がおすすめです。
消えものであるスイーツは、好みがわからない人への贈り物としてもベストです。
味はもちろん、見た目も華やかでおしゃれなものを選びましょう。あんこや抹茶を使った和のスイーツもおすすめです。

 

ストール

年齢が出やすい首元を隠したいと考える女性は多いものです。
そんなお母さんには、あたたかくてマフラー代わりにもなるストールをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
軽くて、着けていても快適な素材のストールは人気が高いようです。
いろいろなカラーがあるので、お母さんの好みに合わせて選びましょう。

 

口紅

還暦のテーマカラーにちなんで赤い口紅を贈るというのもしゃれていますね。
贈る女性の肌の色や好みに合いそうな1本を選びましょう。デパートのコスメブランドのものを選ぶと特別感がありますね。
エスティローダーやサンローラン、ランコムなどはネームを入れてくれるサービスがあるのでおすすめです。

両親(ペア)へのプレゼント5選

ここでは同時に還暦を迎える両親に贈りたいペアのプレゼントを紹介します。

 

旅行券

大手旅行会社で使える旅行券や、ホテルの宿泊券は、仲の良い両親への贈り物にぴったりです。
形にはならなくても、旅行という素晴らしい思い出を残すことができるでしょう。
忙しくてお祝いの席をもうけられないという人にもおすすめです。

 
 

詳しくははこちら

長寿祝いのギフトに「旅行・ツアー」を贈る

 

カタログギフト

いろいろあるギフトの中から本当に好きなものを選んでもらいたいと考えている方は、カタログギフトを選んでみてはいかがでしょうか。
好きなものを選んでもらえるので、失敗がないギフトといえるでしょう。

 

タンブラー

マグカップや湯のみも人気ですが、持ち運びができて便利なタンブラーが最近になって人気を集めています。
機能性を重視したものや、おしゃれなデザインのタンブラーがおすすめです。
ネーム入れサービスのあるブランドもののタンブラーを選んでみてはいかがでしょうか。

 

江戸切子

江戸切子とは、江戸末期に現在の東京で始まったカットグラス工法のガラス細工のことです。
繊細な色使いが非常に上品で、日本の職人芸が感じられます。そんな江戸切子を使ったグラスや選んでみてはいかがでしょうか。
ひとつ約5,000円から見つけることができるでしょう。
名前を入れてもらうと、さらに特別感が出ます。

 

時計

ペアの腕時計を贈り物に選ぶ人も多いようです。
いつでも身に着けてもらえる両親おそろいの腕時計を贈ってみてはいかがでしょうか。
かっちりしたデザインのものから、ファッションタイプのものまでバリエーション豊富です。
お値段も数千円で購入できるものから10万円以上するものまで幅が広いので、予算に合わせて選びましょう。

孫の手作りプレゼントも喜ばれる!

お金をかけた高級なプレゼントも素敵ですが、手作りギフトにはお金では買えない味があり、喜んでもらえること請け合いです。
特にお祝いされる本人にお孫さんがいた場合、子ども達に何か作ってもらって渡せば、より一層喜んでもらえるでしょう。
似顔絵やフォトフレーム、肩たたき券が定番です。

 

似顔絵

孫が描くおじいちゃん、おばあちゃんの似顔絵は、必ず喜んでもらえるでしょう。
絵を描くのが好きなお子さんに描いてもらってはいかがでしょうか。
色とりどりのクレヨンや絵の具を使って描かれた似顔絵はきっと宝物になるはずです

 

フォトフレーム

フォトフレームキットを購入すると簡単にフォトフレームを作ることができます。
また、シンプルなフォトフレームに飾り付けをするだけでも、世界にひとつだけのフォトフレームが完成するでしょう。
思い出の写真を添えて渡すと、より気持ちが強く伝わります。

 

肩たたき券

大定番の肩たたき券ですが、今でも人気があります。
「肩を叩いてもらえることがうれしい」というだけでなく、「孫たちと触れ合える時間ができるのでうれしい」という気分になる人が多いのではないでしょうか。
お金がかからないため、予算が限られている人や欲しいものがわからないという人におすすめです。

還暦祝いにチェックしておきたいマナー

「人生50年」などと謳われた時代は還暦を迎えると長寿とされていましたが、平均寿命が延びている今、還暦祝いは珍しいことではなくなりました。
還暦野球チームも盛況していて、60歳の方を「お年寄り」扱いするのはかなり無理のある話でしょう。

長寿祝い自体は大変おめでたいものですが、そうかといってあまりお年寄り扱いしないようにしましょう。
赤いちゃんちゃんこを嫌がる人もいるので、事前にさりげなく確認してみてください。

 

還暦プレゼントの予算・相場は?

還暦のプレゼントの相場は相手との関係にもよりますが、両親のお祝いであれば1~5万円、祖父母であれば1~3万円、その他の関係でしたら5,000~2万円が相場です。

こちらも兄弟や親せきと確認しておくといいでしょう。

 

還暦祝いをするタイミングや場所は?

還暦祝いは他の長寿祝いと同様、60歳の誕生日までに行うのが一般的とされています。

プレゼントは誕生日直前に届けた方がいいでしょう。長寿祝いの席の場で渡す人は、お祝いの場を誕生日よりも前に設けるようにしたいものです。
どうしても誕生日当日を過ぎてしまいそうなときには、事前にお詫びの一言を添えるのがマナーです。

 

還暦祝いの当日の祝い方は?

還暦祝い当日に普通に渡しても喜ばれますが、サプライズとしてプレゼントを出すともっともっと喜んでもらえるはずです。
なるべくお祝い当日までプレゼントの存在は隠しておきましょう。
また、自分たちからではなく孫から渡してもらうのも粋な演出です。

 

還暦祝いのプレゼントの贈り方は?

親しい間柄であれば必ずというわけではありませんが、還暦祝いのプレゼントに熨斗を付けて渡す人も少なくありません。
もしも熨斗を付ける場合は、ちょうちょ結びで赤白の水引が書かれたものを使いましょう。
熨斗の上の部分には「祝還暦」「還暦御祝」などと書き、水引の下の部分には贈る人の名前を書きます。

還暦祝いに「心に残る」メッセージを送ろう!

 

贈り物も喜ばれますが、長寿祝いの場では感謝の気持ちとこれまでの労いの言葉を添えると、より一層喜ばれます。
お祝いの席が始まる前に、乾杯の挨拶として一言添えるのも素敵ですし、メッセージカードを贈るとずっと手元に残してもらえるのでまた素敵です。
きっと思い出に残る長寿祝いになるでしょう。

 
 

オススメのページ

還暦(60歳)のお祝いに喜ばれるメッセージ文例集

 

還暦(60歳)の記事一覧へ戻る

この記事をシェアする
B! Hatena  LINE  Pocket 
ページトップへ