長寿祝い(還暦・古希・喜寿など)の食事会におすすめの場所や料理をご紹介

送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!
送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!

お客様サポート

011-522-8289

(平日9:00~17:00)

長寿祝い(還暦・古希・喜寿など)の食事会におすすめの場所や料理をご紹介

公開日:2016年12月27日
最終更新日:2021年1月4日

食事会

大切な人生の節目。ご両親(おじいちゃん、おばあちゃん)のご長寿祝い。
主役のご本人にとってもご家族やご親族にとっても、心に残る素敵なお祝い会にしたいですね。
ここでは、長寿祝い(還暦・古希・喜寿など)の食事会におすすめの場所や料理をご紹介します。

 

長寿祝いの食事会におすすめの場所は?

レストラン、料亭

お祝い会

素敵な雰囲気のレストランや料亭は、プロの料理人による旬なグルメが食べられるので、特別感があります
レストランでお祝いの席を設けるご家族も少なくはありません。料理の準備の手間がかからず、高級感を演出できるのでおすすめです。

お祝い事の料理には、懐石料理が一般的ですが、お祝いされるご本人の好みや希望に合わせて中華料理やフランス料理、京料理をチョイスするご家庭もあります。

また、レストランや料亭の場合は、席だけ予約するか、コース料理も予約するかということも大切です。
予約時に可能であればお部屋はなるべくご家族皆さまだけで落ち着けるプライベートな空間の「個室」の予約がおすすめです。
足腰の悪い方も多いため、テーブル席や掘りごたつ席などのチェックも忘れずに。

レストランや料亭の場所も、おじいちゃん、おばあちゃんのご自宅からの距離や交通手段などもあわせて考慮し、無理のない場所を選びましょう。

 

ご自宅

お祝い会

ご自宅での食事会。外食するのと違って、リラックスした雰囲気の中、ご家族で和気あいあいと楽しい時間を過ごせるのがうれしいですね。
お子様がいる場合でも自宅であれば、余計な気を遣う必要がありません。
健康上の理由で体調のあまり思わしくない方がいる場合も、気兼ねなくご自宅開催であれば参加できますね。

また、お店での食事会では、メニューがあらかじめ決まっていることが多いため料理の融通がききにくくなりますが、ご自宅であればご本人の好きなものを準備することができます。

ただ、家族や親戚、友人知人なども加えて大勢で集まるとなると、料理を準備する人の負担が大きくなることは、デメリットといえるかもしれません。
すべてを手作りしようとすると大変なため、ご本人のお好きな料理をオーダーしたり、参加者の方々に一品ずつ持ち寄ってもらうなど、なるべく負担のかからないよう工夫したいものです。

ご自宅の場合、お料理や食材、お酒などの飲み物の準備、場所の手配などもありますので、役割分担は事前にきちんと決めておきましょう。

 

旅行先のホテルや旅館

旅行イメージ

長寿祝いはご家族が一同に集まることのできるいい機会なので、気候のいい季節に思い切って家族旅行を計画してみてはいかがでしょうか。
泊まりなら、普段なかなか会えない遠方の親戚の方などもご招待し、一緒に楽しい時間を過ごせることでしょう。

素敵なリゾートホテルでのんびり過ごすのもいいですし、旅館の温泉に入って日ごろの疲れを癒やしてもらうのもいいですね。

宿泊施設によってはお祝いプランを設けているところもありケーキやお造り、花束はもちろん、記念撮影までも用意してもらえるところもあるので、利用されると大変便利です。

家族旅行も兼ねた大切なおじいちゃん、おばあちゃんのご長寿のお祝い。
ご本人はもちろん、ご家族やお孫さんたちにとってもお祝い会を兼ねた家族旅行は、素敵な思い出になることでしょう

 

場所選び、事前にチェックするポイント

ご自宅でもレストランや旅先のホテルでもチェックするポイントはだいたい同じです。
以下のことに注意をしてお祝い会開催の準備をしましょう。

お祝い会の日時(ランチ・ディナー)
料理のメニュー(お子さんがいる場合、子供用メニューもチェック、アレルギーの人はいるか)
予算(一人いくらになるのか)
参加人数(大人・子供)
席の種類のチェック(テーブル席・掘りごたつ席など)

また、お祝い会の服装なども気になる方も多いので、準礼装なのか、インフォーマルな略礼装なのか、カジュアルなのかも事前に配慮し参加者へ連絡しておきましょう。

 

 

長寿祝いにおすすめの料理

和食の場合

和食お祝い料理

レストランや料亭での和食のお祝い料理といえば、テーブルを華やかに彩る「懐石料理」。
ごはん、お吸い物、おかず、香の物など品数が多く、いろんな料理を上品な小鉢に入れてとても豪華ですね。

ご自宅でのお祝い料理の定番「お赤飯」や「鯛めし」、見た目も華やかで縁起のいいとされる「ちらし寿司」などもお祝い事には欠かせません。
また、「鯛の塩釜焼き」「豚の角煮」「はまぐりのお吸い物」なども人気があります。

子供のいる場合、「唐揚げ」や「とんかつ」などお子様メニューも用意しましょう。
基本的には、お祝いされるご本人のお好きな料理をメインに、メニューを考えるとよいでしょう。

 

洋食の場合

洋食お祝い料理

「白身魚のムニエル」や「鯛のアクアパッツァ」。
贅沢な美味しいお肉を使った「ローストビーフ」や「チキンソテー」も。

スペイン料理の「パエリア」も見た目も華やかでお祝い料理にはぴったり。しかも食べやすいので、おすすめです。
お肉の好きな方でしたら王道の「ステーキ」も豪華でうれしいですね。

祖父母の方が「ハンバーグ」や「コロッケ」などの洋食好きという場合も多いかと思います。
お子さんのいる場合でも洋食であれば食べられるメニューも多いので安心ですね。

 

 

お祝いの予算相場

予算相場

気になるのが予算。
旅行に行くのと食事会のみとではだいぶ異なりますが、まずはじめにお祝い会の参加者と予算感を話し合って決めておきましょう
お祝いする内容によっても変わりますが、いくらであっても折半する人がほとんどのようが、子供の有無や未婚既婚などで、一人分として分けて計算する方もいるようです。

大切なお金のこと。きちんと前もって決めておきたいものですね。

 

 

喜んでもらうためのおもてなし

お孫さんからのプレゼント

お絵描きする子供

かわいいお孫さんからの定番のプレゼント「似顔絵」や「お手紙」。
小さいお子様の一生懸命描いた「似顔絵」や「お手紙」は本当に純粋でとても可愛いらしいですね。

どんな高価なプレゼントよりも真心や気持ちが伝わるので、とても喜んでくださるおじいちゃん、おばあちゃんも多いかと思います。
お孫さんのいる方はぜひおすすめです。

 

記念撮影のためにちゃんちゃんこ

黄色いちゃんちゃんこを着たおばあちゃん

思い出に記念写真を撮る際、後で写真をみてなんのお祝いだったのかわかりやすくするためにおすすめなのが、テーマカラーの「ちゃんちゃんこ」
年寄りくさいと思われる方も多いといいますが、やはりここまで長生きされたからこそです。せめて集合写真の時だけでも着ていただいてはいかがでしょうか。

誰でも着られるわけではないこのご長寿祝いの「ちゃんちゃんこ」。
最近では、帽子をちょっと斜めにかぶってベレー帽のようにおしゃれに着こなす方もいらっしゃいます。

せっかくの機会ですので、ぜひ主役のおじいちゃん、おばあちゃんにちゃんちゃんこを着てもらい集合写真を撮りましょう。

 

長寿祝いテーマカラーの花束を贈る

長寿のお祝い 年齢と色について

例えば、60歳の還暦祝いは「赤色」、70歳の古希祝いは「紫色」、80歳の傘寿祝いは「黄色」など、長寿祝いにはそれぞれテーマカラーがあります。

地方によっても異なるこのテーマカラーですが、最近は上記画像のようなカラーが定番のようです。

渡すお相手が女性だけでなく男性でも、やはりお祝い事には綺麗なお花は欠かせません。
お祝い会で渡す花束の色をテーマカラーに合わせて作ると特別感が出てとても華やかで素敵です。

 

こちらのページもおすすめです
今年長寿祝いを迎える人の年齢は?昭和何年生まれの人?

 

お祝いの席の話題作りに「お誕生日新聞」

お誕生日新聞 製本

楽しいお祝い会のひととき。
年齢性別問わず、その場にいるみなさんの話題づくりに、必ずやお役に立てるのがこの話題の宝庫「お誕生日新聞」。

「お誕生日新聞」とは、昔の新聞を上製本やパズル、オリジナルファイルに入れてお届けする大変めずらしい商品を取り揃えたギフトショップ。
上製本やパズルなどには名入れも可能、メッセージカード付きで特別感をさらに素敵に演出いたします。

そして、全てこだわりの国内生産
スタッフ一同、真心込めて一つ一つ大切にお作りしています。

主役のおじいちゃん、おばあちゃんの生まれた日や二十歳の時、結婚された日、子供の生まれた日などなど、人生の大切なイベント、思い出の日の新聞を贈ることができ、

こんな昔の新聞があるなんて驚いていた
お祝い会の場が大変盛り上がった
・感動した

参加者も欲しがっていた
製本の厚さ、重さに人生の重みを感じた
家に帰ってゆっくり読みたいと言ってくれた

と、大変好評いただいているご長寿祝いに最適なプレゼントです。

当時の紙面から伝わる時代の息吹に、おじいちゃん、おばあちゃんの今まで歩まれてきた激動の人生の重みを感じ、非常に感銘を受けたと大変喜ばれております。

 

ご購入いただいた方からのリアルなコメントはこちら!
「お誕生日新聞」お客様のレビュー

いつもと違ったと特別なお祝いだから贈りたい「お誕生日新聞」。

ご自宅でもずっとお楽しみいただけるので、この時期は特にご長寿祝いにはおすすめです。
ご両親へこれからも元気で長生きしてほしいという気持ちと、今までの感謝の思いを伝えられる素敵なプレゼントです。

ご両親から今まで聞くことのなかった昔の思い出話が聞けるかもしれません。
「お誕生日新聞」を囲んで、皆様でワイワイ楽しいひとときをぜひお過ごしください。

 

古希祝いのプレゼントなら「お誕生日新聞」
古希祝い人気商品総合ランキング
この記事をシェアする
B! Hatena  LINE  Pocket 
ページトップへ