古希のプレゼントに迷ったら!70歳に喜ばれるお祝いギフト

送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!
送料全国一律480円
ご注文1万円以上で送料無料!

お客様サポート

011-522-8289

(平日9:00~17:00)

       古希祝い        

古希祝い(70歳)のプレゼントに
喜ばれる人気商品ランキング

お父さん、お母さんの70歳の誕生日。
人生でたった一度の大切な喜寿祝いにご両親を感動させたい。

そんなあなたへ…。
70歳の節目に、今までの感謝の思い込めて「生まれた日の新聞」をプレゼントしてみませんか?
他では手に入らない、当店だけのオリジナルギフトです。
今まで歩まれてきた70年という年月が、新聞の紙面から伝わります。

男性にも女性にも喜ばれる「思い出」のプレゼント。
「お誕生日新聞」は贈る相手を選びません。
ご予算に合わせて人気商品をご紹介いたします。

迷ったらコレ!70歳の古希祝いに喜ばれるプレゼント集

【古希祝い】記念日セット 生まれた日から毎年の誕生日の新聞 70枚豪華製本セット 
  • 売れ筋
  • 送料無料
    人気商品総合ランキング1位

【古希祝い】記念日セット 生まれた日から毎年の誕生日の新聞 70枚豪華製本セット 

51,750円(税込)

詳細はこちら

生まれた日から69歳までのお誕生日に発行された新聞(合計70枚)を一冊の製本に仕立てた贈り物「古希記念日セット」です。
圧倒的な満足感と高級感で大変喜ばれています!

製本の表紙にはお名前やタイトルを金箔印字し、国内生産にこだわった高級桐箱とおしゃれなちりめん風呂敷で包みお届けいたします。

大切なご家族へ贈る70歳の古希の記念品として。豪華な名入れギフトをお探しの方にご満足いただけるプレゼントです。

4月7日 朝8時までのご注文で、最短4月18日(土)のお届け予定です。
【古希祝い】表紙セット 生まれた日から10年ごとの新聞 7枚 (0歳、10歳、20歳・・・60歳) レール付きクリアフォルダタイプ
  • 売れ筋
    人気商品総合ランキング2位

【古希祝い】表紙セット 生まれた日から10年ごとの新聞 7枚 (0歳、10歳、20歳・・・60歳) レール付きクリアフォルダタイプ

6,350円(税込)

詳細はこちら

古希のお祝いの贈り物として、生まれた日の新聞を贈りませんか?

こちらの商品は10年ごとの誕生日に発行された当時の新聞(0歳、10歳、20歳・・・60歳)を7枚セットにしてお贈りすることが可能です。
 
表紙にはお名入れとタイトル「祝 古希」が印字されますので、特別感も演出できます。

4月7日 朝8時までのご注文で、最短4月10日(金)のお届け予定です。
【古希祝い】ポケットファイル お好きな日付の新聞 特製ファイルセット メッセージカード・ギフト包装付き(日付・枚数自由選択/3枚~10枚)
    人気商品総合ランキング3位

【古希祝い】ポケットファイル お好きな日付の新聞 特製ファイルセット メッセージカード・ギフト包装付き(日付・枚数自由選択/3枚~10枚)

8,550円~13,100円(税込)

詳細はこちら

お父さん、お母さんがわっ!と驚くプレゼント。
70年前の誕生日などに発行された”当時の新聞”を、オリジナルのポケット式ファイルで包装した贈り物「古希祝いポケットファイル」です。
 
誕生日の新聞だけではなく、成人した日や結婚した日、子供が生まれた日など…お好きな日付を10枚まで選択可能!オリジナルの1冊をお作りいただけます。

オシャレなファイル入りで古希のギフトとして大変人気です。

4月7日 朝8時までのご注文で、最短4月10日(金)のお届け予定です。
【古希祝い】見開きファイル お好きな日付の新聞 2枚 特製ファイルセット メッセージカード・ギフト包装付き
    人気商品総合ランキング4位

【古希祝い】見開きファイル お好きな日付の新聞 2枚 特製ファイルセット メッセージカード・ギフト包装付き

6,740円(税込)

詳細はこちら

お誕生日新聞2枚を見開きで楽しめる特別ファイルにお入れした「古希祝い見開きファイル」。
 
70年前の誕生日の日に発行された新聞と一緒に、お父さん・お母さんが結婚した日に発行された新聞など…お好きな紙面を「2枚まで」お選びいただけます。

懐かしさと驚きが詰まった「見開きファイル」は、古希祝いのサプライズプレゼントとしてオススメです。

4月7日 朝8時までのご注文で、最短4月10日(金)のお届け予定です。
【古希祝い】記念日パズル 生まれた日の新聞 パズル オリジナルフレーム付き
  • 送料無料
    人気商品総合ランキング5位

【古希祝い】記念日パズル 生まれた日の新聞 パズル オリジナルフレーム付き

13,160円(税込)

詳細はこちら

古希祝いにお父さん、お母さんが生まれた70年前の新聞をジグソーパズルにして贈りませんか?

ご家族・ご友人の方とパズルを組み立てて楽しむと同時に、出来上がった時の感動も味わえるユニークな贈り物としてご好評いただいております。

パズルピースの大きさは3種類!
出来上がったパズルをオリジナルフレームに入れて、お部屋のインテリアにぜひどうぞ!

4月7日 朝8時までのご注文で、最短4月16日(木)のお届け予定です。
  
⇒全ての「古希祝い」の商品をみる

お客様の声

お客様の声はこちら

「お誕生日新聞」とは?

お誕生日新聞とは、新聞の「一面」と「テレビ面」を1枚の上質紙(グレー色・A3サイズ)に両面プリントした商品です。新聞社は、5社よりお選びいただけます。

お誕生日新聞とは、新聞の「一面」と「テレビ面」を1枚の上質紙(グレー色・A3サイズ)に両面プリントした商品です。新聞社は、5社よりお選びいただけます。

お誕生日新聞とはお誕生日新聞とは

※「テレビ面」のない時代は、「ラジオ・社会面」または「裏面」をご提供します。
※日本経済新聞の「裏面」は、「二面」となります。

選べる新聞社選べる新聞社

※朝日新聞(東京本社版)・毎日新聞(首都圏版)・The Japan Times(英字新聞)となります。

<読売新聞>
※「ちょこっとプラン」「ごっそりプラン」の提供は行っておりません。
※「表紙セット」は、1セット3枚以上からご注文いただけます。

古希祝いに「お誕生日新聞」が
喜ばれる3つの理由

  • 「感動」を贈ろう!

    1「感動」を贈ろう!

    「え?これが70年前の新聞?どこで手に入れたの?」
    といった驚きの声が聞こえてきそうな「お誕生日新聞」。

    お父さんが生まれた日、10歳の頃の新聞や20歳のときの新聞など…。70年間歩んできた大切な思い出を、当時の紙面を見て思い出すことでしょう。

    普段忘れていたあの日、あの時のなつかしい思い出。ページをめくる度にその頃の自分が目に浮かぶことでしょう。

    人生でたった一度の大切な古希のお祝いに、お父さんへの感謝の気持ちを込めて「感動」を贈ってみませんか?

  • 笑顔がひろがる。今日は主役はお父さん。

    2笑顔がひろがる。今日は主役はお父さん。

    普段は家族で集まると、子供やかわいい孫のことばかりが話題になりがちですが、 なんと言っても今日はお父さんが主役!当時を知らないお孫さんたちも、「お誕生日新聞」に興味深々です。

    普段はあまり多くを語らないお父さんを囲んで、70年間の思い出話に家族みんなで花を咲かせてみませんか? 誕生日だけでなく、結婚記念日や初孫が生まれた日の新聞など…紙面から当時の息吹が伝わります。

    定番のお花や品物よりもそのサプライズ感はグンを抜いてダントツ1位! 予想外のプレゼントに、古希祝いの場が盛り上がること間違いありません。

  • 他では手に入らない、世界でたった一つの特別な贈りもの。

    3他では手に入らない、世界でたった一つの特別な贈りもの。

    お父さんの70年間の人生は唯一無二であり、壮大なドラマがそこにあります。

    「お誕生日新聞オンラインショップ」は、生まれた日の新聞はもちろん、記念日などの新聞をご提供致します。それは、おそらく今までもらったことのない希少価値のある特別なプレゼント。表紙に名入れできる商品も数多く取り揃えておりますので、特別なオリジナル感を演出します。

    おくつろぎの時間に。ご家族と一緒の賑やかな時間に。いつでも「お誕生日新聞」を広げて、当時の思い出を懐かしんでいただけます。人生で一度の大切な70歳の古希祝いに、これまでの思い出を振り返るきっかけをプレゼントしてみませんか?

古希祝いのプレゼントを贈るポイント

  • 予算

    古希祝いのプレゼントの平均相場は?

    70歳を迎えた長寿者に対しておこなう古希祝いでは、記念に残るプレゼントを贈りましょう。プレゼントの相場は幅広く、1万円から10万円とされています。

    その中でもお祝いされる人が自分の両親である場合、ひとり1万円から3万円の間で用意する人が多いようです。祖父母である場合は1万円から3万円、親戚の場合は数千円から2万円、上司や友達の場合は数千円から1万円の範囲が相場とされています。

    プレゼントに大きな差が出ないように、一緒にお祝いする人と相談して予算を決めるといいでしょう。

  • 食事会

    プレゼントを渡すタイミングとオススメの場所

                

    古希のお祝いをする場所でプレゼントを渡すのが一般的とされています。古希祝いに限らず、長寿祝いをおこなうタイミングは、お祝いされる人の誕生日前後が一般的にようです。

    一方で、全員が集まりやすい日取りを考え、お正月に親族一同集まってお祝いの席をもうける家庭も少なくありません。

    古希祝いは自宅やレストラン、料亭や近場のホテルで開催する人が多いようですが、旅行に出かけるのもおすすめです。最近は70歳でも元気な長寿者が増えていますが、体調をうかがいながら旅行の計画を立ててみてはいかがでしょうか。

    旅行先でお祝い会を開き、その際にプレゼントを渡すとすてきなサプライズになりますね。お祝いする側にとっても、される側にとっても忘れられない思い出になるでしょう。

  •         
  • 表紙セット

    古希のお祝いに「紫色」のプレゼント

    古希のお祝いのプレゼントには上品で華やかなカラー「紫色」を使ったアイテムを選びましょう。
    男女選ばない色合いの「紫」。

    定番のちゃんちゃんこ以外にも、男性にはポロシャツなどの洋服、女性にはネックレスなどのアクセサリーなども喜ばれます。
    お祝いする人の趣味や好みを考えて、ぴったりな紫色のプレゼントを贈りましょう。

  • 家族

    プレゼントには名入れ商品がオススメ

    古希祝いのプレゼントに迷っている人は、名入れをしたオリジナルプレゼントを選んでみてはいかがでしょうか。一般的なプレゼントよりも特別感があり、きっと喜んでもらえるでしょう。人とは違うプレゼントを贈りたいと考えている人におすすめです。

    名入れ商品の中では、Tシャツやストールといった衣類、普段使いできるマグカップや湯飲みなどの食器、またオリジナルラベルを貼ったワインや日本酒などのお酒が人気です。

    オリジナルプレゼントを贈りたいけれど、ハンドメイドは苦手という人は名入れサービスを行っているさまざまなオンラインショップのお店を比較してみてはいかがでしょうか。

    なかには発送に1カ月以上かかる商品もあるので、スケジュールには余裕を持ってオーダーするようにしましょう。

古希祝いのプレゼントで
気をつけるポイント

おじいちゃん・おばあちゃんの古希祝いのプレゼント。
せっかくなら喜ばれるモノを贈りたいですよね。
ここで気を付けたいのは、「縁起の悪い贈り物」を選ばないようにすること。
例えば次のような贈り物が、一般的に”タブー”と言われています。

お茶 年配の方はお茶好きな方が多いのでプレゼントしたくなりますが、
「香典返し」のイメージが強いため避けた方が無難です。
クシ クシは「苦」と「死」を連想するため、昔からお祝いにタブーとされています。
靴や靴下は「人を踏む」という意味があります。
古希祝いのような目上の方に贈るケースでは避けましょう。
老眼鏡 実用性があり良さそうですが、貰う側からすると老いを感じて傷つくことも。
お祝いとは別に贈る方が良いでしょう。
時計 時計や筆記用具など「勤勉」なイメージのあるモノは、目上の方に贈らない方が良いとされています。
ベルト 締め付けるベルトは「気を抜くな」という意味に取られます。
目上の方には贈らないようにしましょう。
ページトップへ